今日は研修会でした

今日は月に一度のリラクセンスの研修会に参加しました。

リラクセンスを学び始めてから4年以上が経ちますが、この期間にもリラクセンスはどんどん進化していて、余分なものがそぎ落とされ、よりシンプルでありながら効果的な方法に変化しています。

よりシンプルになっているということは、より簡単になっているということでは決してなく、むしろセラピスト側がリラクセンスの概念をより深く身につけていることを求められるんです。

シンプルなものほどごまかしがきかないから。

それはどんな物事にも共通することですよね。

 

 

リラクセンスの大切な概念、それは、

「相手の体に答えを尋ねる」

それがどれだけ身に付き自然にできているか。

それによって相手の方の体から返ってくる反応が、全く変わってしまいます。

相手の体の自然な反応をどれだけ引き出すことができ、そこにどれだけ寄り添うことができるか。

それが相手の方の“楽”をどれだけ生み出すことができるかを左右するからです。

 

 

ただ相手の体の反応を感じ、その反応に寄り添うこと。

それはとてもシンプル、だからこそ難しい。

難しいんだけど、体を感じることはとても楽しい♪

そして体ってその時々みんな違っていて、興味深くて面白い!

それに、相手の方が大きくゆるみ、ご自分でも驚くほどの変化を感じられた時の喜ぶお顔を拝見できたときの喜びは言葉では表現できないくらい!

だからやっぱりリラクセンスを続けていきたいと思うんですよね。

理屈じゃないんだな。

 

 

時には、これまで充分に理解していたと思っていたことを実はほとんど分かっていなかったと気づいたり、手順をしっかりと理解できていなかったことに気づいたりと、自分の至らなさにへこむことも多々ありますけれど、

もっともっと良い施術ができるようになりたい!
(良い施術という表現は適切ではないような気もしますけど)

もっと皆さんに究極の楽を感じてもらいたい!

もっと皆さんに喜んでもらいたい!

そんな初心に立ち返りながら、立ち止まることなく常に進化し続けていきたいと思います。