全ての答えはその人の中にある

ちょっと前のことになりますけれど、先週末リラクセンスの練習会に参加してきました。

リラクセンスは、相手の皮膚を感じ、相手の体の反応にただ寄り添うという、本当にシンプルな手技。

そのシンプルな手技を成り立たせているのは、「全ての答えは、今ここの相手の中にある」という前提。

相手の中に答えがあると信じるからこそ、セラピスト側の考えや理屈よりも、相手の体の反応が優先されるわけです。

 

 

今学んでいるスピリチュアルライフコーチの前提にあることも同じなんだな、と感じます。

 

その人が生まれる前に決めてきた人生のテーマは何なのか、最高の人生を送るにはどうしたら良いのか。

その答えは、

その人がこれまでどんな人生を歩んできたのか?どの様な問題にぶつかり、どのように乗り越えてきたのか?

これまでの人生経験の全ての中に、答えがあるんですね。

 

 

だから、対象とするのは「体」と「人生」という、一見違うもののように見えますけれど、ご本人の中に全ての問いに対する答えがあるという点においては、全く同じこと。

そして、セラピストとしても、ライフコーチとしても、やることは全く同じ。

 

答えが相手(の体)の中にあるから、相手(の体)が既に答えを持っているから、わたしがすることはただ一つ。

今ここにいる相手の方(の体)に問いかけ、答を教えてもらうだけ。

相手(の体)のどんなささやかな反応も、どんなに小さな変化も見逃さず、表面から隠された本音を引き出すだけ。

 

ライフコーチングのセッションの練習を行っていて、そんなことに気づきました。

 

 

スピリチュアルライフコーチの学びを始めてから、わたしは、この「相手の中に眠っている答えを引き出す」という作業が、本当に好きなんだな・・・と実感するようになりました。

だから、全ての人に伝えたい。

楽な体になることも、最高の人生を送ることも、実はとてもシンプルなことなんです。

自分を心から大切に思い、慈しみ、いつも自分自身と対話すること。

そのためのお手伝いをすることが、わたしの仕事です。