わたしたちは親を選んで生まれてきた

人は皆、生まれる前に人生の青写真を描いてきている。

どんなテーマを持って人生を歩むのか、どんな風に魂を成長させるのか、全て予め自分で決めてきたと言われています。

つまり、どんな両親のもとに生まれるのか、そこでどんな経験をするのかも、承知の上で生まれてきている、というわけです。

 

 

この話を最初にきいたとき、わたし自身、母親への葛藤が深かったので、なぜこの両親を選んで生まれてきたのか?ということへの疑問がありました。

もっとわたしの意思を尊重し、自由を認めてくれる親だったら・・・

もっと楽しむことを教えてくれる親だったら・・・

もっと真正面から思うことを伝え合える親だったら・・・

もっと、もっと、、、

 

でも、実際にセッションを受けるうちに、わたしの人生のテーマを探っていくうちに、その疑問が解けたのです。

 

 

なぜこの両親でなければいけなかったのか

なぜ、あれほどまでに自分の自由な意思を抑え込まざるを得ない経験が必要だったのか

なぜ、”楽しむことは悪である”と信じ込まされる経験が必要だったのか

なぜ、あんなにも親の気持ちを推し量りながら過ごすことが必要だったのか

 

そう、全ては魂の成長のために”必要な”経験だった。

人生の喜びを手にするために、自分自身で決めてきたシナリオ通りだったんです。

そのことが理屈ではなく、体の芯から腑に落ちたんです。

そしてその時、両親への想いも、今までとは何かが確実に変化したような気がします。

 

上手く表現できないのですけれど、、

 

両親が亡くなって、もう20年以上が経ち、これまでも既に様々なマイナスの感情は全くと言っていいほど残っておらず、クリアだったのですけれど、

今回、わたしが両親を選んで生まれてきたことが腑に落ち、その深い意味を理解したことによって、これまでの”わたしの両親”という、かつて肉体を持っていた存在から、”お互いに魂の存在なのね~”というレベルに昇華したというのでしょうか・・・(分かるかな?)

たんに”感謝”という一言では済まない、両親の魂とのきずなへの深い想いが湧き上がってきたのです。

 

 

 

自分の幸せはどこにあるのか?

なぜ自分にはこれほどたくさんの問題が起こっているのか?

どうしたら、それらの問題を解決できるのか?

 

その答えは、これまでの自分の人生を紐解くと見えてきます。

これまでの苦しかったこと、辛かったこと、悲しかったこと、怒りを覚えたこと、

それらをどうやって乗り越えてきたのか?

そこに人生の全ての答えはあります。

このことは、わたしがセッションを行なっていても、面白いくらいに実感します。

面白いと言うと語弊があるかもしれませんけど、でも本当にそうなんです。

過去を掘り起こすと、本人でさえ気づかなかった人生の仕組みが見えてきます。

 

 

人生で起こる全てのことには意味があって、無駄なことは一つもない。

これが真実なのだと分かります。

そして、どんな問題も必ず解決できる。

人生は多分、多くの人が考えているよりもずっとシンプルで、ずっと奥深く、ずっと壮大なのだと思います。

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

「第3回 神人和楽」出展します♪

日時:8月24日(土) 10時~16時
場所:田園調布せせらぎ公園
入場無料
神人和楽HP ⇒ 

~*~*~*~*~*~*~*~*~