さよなら、コンプレックス

皆さんはコンプレックスを持っていますか?

今日は思い切ってわたし自身のコンプレックスについて暴露しようと思います。

もし、わたしについて、とても清らかなイメージを持ってくださっている方がいらしたら、そしてそのイメージをキープしておきたいと思われたら、その方はこの先は読まれない方が良いかもしれません(笑)

 

 

 

わたしはいつも、周囲の人たちから「しっかり者」と言われます。

 

いつも落ち着いているよね~

いつも優しいよね~

怒ることなんてないんじゃない?

何でもできて良いわね~

 

いつもこんなふうに言われます。

それもわたしの一面かもしれませんけれど、心の中ではいつもこんな想いが渦巻いています。

「本当のわたしを知ったら、きっとみんな幻滅するんだろうなぁ・・・💧」

 

 

 

わたしは先日54歳になりました。

これまで結婚したことはありません。

恋愛経験も、驚くほどわずかです。

そんな自分をずっと、人間として女性として、欠陥商品であるように思えて仕方ありませんでした。

誰かが、「わたしなんてバツイチだし」と言って悩んでいることを聞くと、「結婚できたんだから全然マシじゃない!」と、心の中で悪態をついていたことも一度や二度ではありませんでした。

イヤ~なヤツ、ですよね?(笑)

 

わたしは長いこと、心理学や自己啓発の勉強をしてきたので、そんな考えを持ち続けていることが正しくないことは分かっていましたし、早く手放してしまった方が自分にとって良いことは充分に理解していました。

だから何度も、手放すことに挑戦してきました。

何十回、何百回、数えきれないくらい手放す努力を重ねてきました。

なのに、頭ではその考えが自分を幸せから遠ざけると分かっているのに、少し薄くなりこそすれ、どうしても完全に手放すことができずにいたんです。

 

 

 

実をいえば、今も完全に手放せたわけではありません。

今も心のどこかで、やっぱり「女性として何か欠けている」という感覚があることは否めません。

ではなぜ、今こうして、自分の一番”恥”と思っていることをブログに書こうと思ったのか?

そこには理由があります。

 

 

自分で人生の青写真を決めてきたのなら、そしてこのコンプレックスを自分で選んで持ったのなら、近いうちに必ず完全に手放せる日が来るはずだ!

そう確信できるだけの大きな変化を経験しているからです。

 

 

 

わたしのことを、なぜだか「完璧な人!」と思ってくださっている方が多いことには、いつもわたし自身が驚いてしまいます(;^_^A

そしてこれまでは、そんな周囲の目に合わせて(そのつもりはないのですが)、知らず知らずのうちに、その「完璧な人」の枠に自分自身を押し込めようとして、繕っていました。

でも、何のコンプレックスもない人などいないし、何よりも、コンプレックスは自分の成長のためあるのだということをすっかり理解したら、隠しておく必要がなくなった。

もちろん、自分の中で納得すれば済むことですし、わざわざ不特定多数の人の前で、自分が最も恥じとすることをさらす必要などないのですけれど、、、

 

わたしにとってこのコンプレックスが長年自分をとても苦しめていたものだったのと同じように、もしかしたらご自分のコンプレックスに死ぬほど苦しんでいる人がいるかもしれない、

だとしたら、その苦しみはあなたを苦しめるためにあるのではなくて、あなたが成長するために手にしただけのもの、

なぜそのコンプレックスを持ったのか?その意味が分かれば、苦しみは簡単に終わるものなんだよ、

ということを、どうしてもお伝えしたいと思ったのです。

 

 

 

わたしも、この年になってこんな暴露話をすることになるとは、数日前までは夢にも思いませんでしたが(笑)

その時には死ぬほど苦しく、抜け出すことなどできないと思った出来事も、過ぎてしまえば笑い話になる、

人生はそんな喜劇的な一面もあるんでしょうね。

 

 

つまるところ人生の目的はただ一つ、あなたがあなたらしく幸せに楽しく生きること。

過去に起こったことも、今問題と思うような出来事も、全てはあなたが幸せを手にするための通過点に過ぎないのです。

 

 

 

今日の記事で、一人でも苦しみを軽くしていただける方がいらしたら、とてもうれしいです♪

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

「第3回 神人和楽」出展します♪
日時:8月24日(土) 10時~16時
場所:田園調布せせらぎ公園
入場無料

神人和楽HP ⇒ 

~*~*~*~*~*~*~*~*~