誰でも、いつでも、最善・最適な体でいてほしい

 

今朝早く、薄っすらと、ほんのちょっとだけ、虹が見えていました♪

 

ほのかに明るくなっているところに、かすかな虹色が虹

 

 

分かるかな?

真ん中よりちょっと下寄りに薄っすら虹

 

 

雲の左側に薄っすら虹

 

 

雲の上に薄っすら虹

 

 

本当に薄っすら細切れだったから気づいている人はほとんどいなくて、通りすがりのおじさまと友人に伝えただけ。

宝ものを4人占めしたみたいで、何だかとてもウキウキした朝でした♪

 

 

 

今日の午後は、とっても久しぶりに高齢者施設でボランティア整膚&リラクセンス。

以前は曜日を決めておじゃましていたのですけれど、急な仕事などでドタキャンが続いたことがあって、それからは当日ご連絡して伺うようになりました。

いつも急なご連絡に気持ちよく対応してくださる施設の職員さんに感謝です。

 

 

きょうは全部で12~3人やらせていただいたかしら?

伺うのはいつもオヤツの時間くらいなので、皆さんデイルームでゆっくりくつろいでいらっしゃる中、こちらもゆっくりまったりとゆらゆらさせていただきます。

たいていは肩や背中をゆらゆらするのですけれど、今日はおひとり、脚をしきりに気にされている女性がいらしたので、「足が痛いですか?」と聞くと頷かれたので、その方には脚の施術を。

車いすを動かして見ると、右脚が股関節からかなり内旋していて、そのせいで太腿の筋がキュッと張ってしまっています。

「これはいたいですよね~」と言うと、顔をしかめながら頷かれました。

 

 

いつものように皮膚の流れる方向や動きをたどりながら、その動きについていくこと数分間。

すると、最初は手を触れていない左脚が、つま先からスーッと上がり、と思うと、同じように右脚もスーッと・・・

そしてしばらくの間、脚を伸ばしたまま両脚がピクッと動いたり、ゆらゆら揺れたりを繰り返し、

と思っていると、見る見るうちに内旋していた右脚が正常な向きに戻っていったのでした。

そして最後に足首がぐるっと回って、台の上に脚が収まって修了。

 

 

そんな風に脚が動いている間、その動きをじーっと見つめながら、最初は眉間にシワの寄っていた表情が、どんどんほころんできて、口元に笑みが浮かんでいくのを、わたしは見逃しませんでしたよ(笑)

「どうですか?」とお聞きすると、「全然痛くない!」と、大きな笑顔で答えてくださいました♪

 

 

その間わたしがやっていたのは、皮膚の動きたい方向を感じ取って、それに付いていく、ただそれだけです。

ただそれだけなんだけど、いえ、ただそれだけだからこそ、体が自分の持っている治癒力を発揮して、自ら楽になることができたんですね。

 

 

 

車いす生活の方でも、今の状態の体での最善・最適があるはずです。

だれにとっても、いつも、どんな時にも、その時の”一番楽”を感じて生活できたら、それが何よりの幸せですよね。

そんな当たり前の、でも実は当たり前ではない幸せを、少しでも実感していただけたなら、とても嬉しく思います。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

「第3回 神人和楽」出展します♪
日時:8月24日(土) 10時~16時
場所:田園調布せせらぎ公園
入場無料

神人和楽HP ⇒ 

~*~*~*~*~*~*~*~*~