ストレスはちゃんと自覚しましょうね!

いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。

DSC_0008

 

このところ気温が日替わりで上下していますね~
そのせいか、お越しくださる方も皆さま口々に、「ちょっと凝ってると思います」とか「なんだか滞っているみたい」とおっしゃいます。

人間の体は5度以上の気温差には対処できず、ストレスになると言われています。
季節が秋から冬へ向かうこの時期は、一年の中でも特に体に応えると覚えておいて、工夫して過ごしたいですね♬

 

一般的にストレスというと、自分の生活を脅かすような出来事だったり、不安や不満、良くない人間関係など、一般的に言われる「良くないこと」が原因だと思われていますよね?
でも、もっと気をつけたいのは、結婚や出産、昇進、転居など、自分にとって喜ばしい、おめでたいことの裏にも、ストレスはあるということ。

結婚によるストレスは、家族の死と同じくらいのストレスがかかるって知っていましたか?
つまりこれも先ほどお話しした、大きな変化には人間は対処しにくいということの表れなんですね。

しかも、こういった喜びの裏のストレスは、嫌な出来事によるものよりもたちが悪いと思います。
だって嫌な出来事によるものなら自覚がありますものね!
自覚があれば、ストレスを発散しようとしますよね?
でも無自覚に受けているストレスは、気づいていない分対処もしませんから、知らず知らずのうちにどんどんたまってしまう・・・なんてことになってしまいがち。

大切なのは、知っておくこと。

たとえ自分にとって喜ばしい出来事であっても、それが大きな変化を伴うものであれば、必ずストレスを受けているもの。
そう知っておけば、きちんと対処して溜めない工夫ができますから。

 

どんなことでも「自覚する」って大事ですよね!
現状を知ってこそ、道を開くために何をすべきかを考えることができるんですから(^◇^)