整膚とリラクセンス・ボディセラピーを通して、体の手当て+心にも手当て

contact
access

ブログ

うみからのご挨拶

2020/4/13

みなさん、こんにちは
うみです

ぼく、いっしゅうかんまえに このせかいをそつぎょうしました

まえもって ぜんぜんしらせていなかったから

ちょっと おかーさんをびっくりさせちゃったけど
でも すぐに 「うみらしいわね」って なっとくしてくれました

みんなも びっくりさせちゃったかな?
ごめんね!

でも ぼく これから まだまだ やることがたくさんあるから、いま いかなきゃだめなんだ!

みんなとあえて とってもたのしかったよ!
なかよくしてくれて ありがとうねー!

じゃね、またねー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

突然のご報告になってしまいましたが、、、

先週の月曜日の夕方にうみが旅立ちました

うみが言ったように、全く何の前触れもなく、本当に突然に。

 

 

その日の夕方の6時過ぎころ、外出から帰宅してみると、いつもうみが寝ていたタンスの前の床に横たわっていたので、「なんでこんなとこで寝てるの?」と声をかけながら手を触れたら、既に息を引き取った後でした。

まだ温かく柔らかく、逝ってから時間がそれほど経っていないことがわかりました。

 

初めは何が起きているのか理解できず、

何?
なんで?
ウソでしょ?

そんな言葉ばかりがとっかえひっかえ出てきましたが、

少しずつ事態を飲み込んできて、本当に逝ってしまったということが理解できるようになるにつれて、今度は不思議と笑えてきちゃいました。

この突然さや当たり前の逝き方をしないところとかが、あまりにもうみらしくて!

あまりにもうみらしすぎて、そりゃ納得するしかないよね~

最期までやられっぱなしだな、という感じ(笑)

 

 

 

原因ははっきりしないままですが、多分心臓かな。

これまで風邪ひとつひいたことのない子でしたけど、猫にはよくあることだそうです。

でも顔を見ても、その場の状況から判断しても、そしてその空気感からしても、苦しんだ様子は全くなくて、恐らく即死だったと思います。

それがうみにとっても、わたしにとっても、本当に何よりでした。

 

 

本当にあっさり、あっけなく、何ひとつ残さず軽やかに旅立ったので、その旅立ちに相応しい送り方をしてあげたいと思い、時間をあまり置かず、翌日7日の午後、移動火葬車に来てもらい荼毘に付しました。

 

 

 

20年ぶりに「独り暮らし」になって、もちろん寂しさはありますけれど、、
不思議と喪失感のようなものは全くなく、あんこの時とは全く違う「ともにいる」感覚があります。

 

 

 

うみを発見したときのことを思い返すと、まるで子どもがその辺に服を脱ぎ捨てて遊びに行った?という感じ。

「今ちょっと急いでるから、また後でね!」

そんな気楽さで翔んでいってしまった感じです。

 

「生と死を隔てるものって、その程度のものでしかないんだよ」

そんなことを言われているような気がします。

 

そうそう

「ぼくはこれからなんだ~!」

そんなことも言っていました(笑)

 

 

そしてわたしの中に重たいものや、どうしようもない後悔などは、一切残さずに逝きました。

うみ、思っていたよりずっとすごいヤツだったみたいです(笑)

 

 

 

皆さまにいつ、どのような形でお知らせしよう?ということは、ずっと頭にありましたが、少しお時間をいただきました。

理由は、、、

 

どんなに落ち込んではいない、喪失感はないと言ったとしても、このような形での急な死なので、

うみちゃん可哀想とか、
きっとわたしが悲しみに打ちひしがれているだろう

・・・とご心配くださる方がいらっしゃるだろうということが想像され、、

 

けれど、それはわたしにとっても、うみにとっても本意ではなく、

書き言葉でも、うみやわたしの想いを誤解されないようお知らせするには、わたしの中を少し整理する時間が必要でした。

そして、こうしてお伝えしている今も、うみの旅立ちの軽やかさや、わたしの中のこの平安が、皆さまにちゃんと伝わると良いなと思っています。

 

 

 

わたしはうみと暮らせてとても幸せでしたし、きっとうみも楽しんでくれたんじゃないかな?と思っています。

 

 

 

 

長い間うみを愛してくださって、本当にありがとうございましたラブラブ

皆さまも、皆さまの愛する家族とのこの世での限りある時間を慈しんで、心ゆくまで味わい尽くしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ

 

 

 

ホームボディセラピー講座、こじんまりと開催いたしました

2020/3/28

本日、予定していたホームボディセラピー講座。

受講を希望してくれた友人と二人で、こじんまりと開催いたしました。

 

 

 

新型コロナウィルスの影響で先行きが不透明な中、講座の開催を決めて告知した理由は、何としてでも開催を!と思ったわけではなく、

自粛、自粛と言われる中で、どうしても心も体もギュッとしてしまいがちな先月からのこの空気感、

少しでも皆さまに、ご自身や家族の健康や、お互いのつながりを大切にしていただくことに意識を向けていただければ・・・という想いから、講座の開催をお知らせさせていただいたのでした。

ですから正直、お申し込みをされる方はいらっしゃらないと思っていたし、それで構わないと思っていたんです。

 

そんな折、「今できることをやりたいと思って」と講座に申し込んでくれた友人。

その気持ちはわたしも同じ。

充分に熟慮した結果、安全に充分に配慮しつつ、参加者一人という形で開催することを決めました。

 

 

 

歌を生業にしている友人。

肌感覚で相手の状態を察知する力はさすが!という感じ。

リラクセンスで大切にしている「相手の反応を感じる」ことがなぜ大切なのかを、しっかりとキャッチしてくれました。

そして、自分も相手も心地いいという感覚も楽しんでもらえたようで、本当に良かった♪

 

 

 

ゆるゆる皮膚をゆるめながらチェックする感覚だけで
相手も私もリラクす出来て心地よかったので、
家でもやってみたいと思います。
(今のその瞬間、求めているものをキャッチするのは、ケアも
歌やお芝居も同じ気がしました)

 

 

体のケアは勿論のこと、生活の様々な場面で今日のことを活用していただけたら、とても嬉しく思います。

Kさん、今日は貴重なお時間を割いてご参加くださって、ありがとうございました(^-^)

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

29日(日)の21時より20分間、日曜日恒例の遠隔氣療を行います。
ご希望くださる方はこちらをご一読の上、コメント欄にてお知らせください。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ

 

 

自分を癒すこと、と ホームボディセラピー講座について

2020/3/20

 

かなり長いこと、ブログから離れていました。

そしてその間に、いろいろなことを感じていました。

 

 

 

2月29日、3月1日の2日間、初めてホ・オポノポノのセミナーに参加しました。

こういったセミナーにありがちな、一時的な高揚感やモチベーションを高めるような仕掛けなどは何もなく、ただ淡々と「自分自身の内面をクリーニングするとはどういうことか?」について、学びを深めた2日間でした。

帰宅してからも、セミナーを終えてからも、わたしの日常は表面的には何も変わりなく過ぎていましたが、その一方で、クリーニングということの感覚が、確実に深まったという実感がありました。

その感覚は、、、どのように表現したら良いのでしょう?

表面的には波一つ立っていない海面の下で、冬の冷たい海流から春の温かい海流に確実に変化している、、、、とでも言えば良いのかな?

わたしの中で大きく動かしがたい塊になっていたものが、確かに少しずつ溶け出していると実感しています。

 

 

 

これまで頭では理解していたはずの、「すべての原因はわたしの中にある」「自分の人生に起こるすべての問題の責任を100%負う」ということが、実はただの頭での理解に過ぎず、やはり問題の原因を外側の状況や他人に求めていたのだということも、痛いほど理解しました。

そしてそれが分かった瞬間から、自分の内面(潜在意識)をクリーニングすること、浄化すること、そしてわたし自身を癒すということがどういうことなのか、一段深く腑に落とすことができました。

全ての問題の責任を100%自分が負うということは、外側に原因を求めるよりも、実ははるかにずっと楽なことなのだ、ということも。

 

 

 

そして、そうやって自分自身の内面のクリーニングを進めていくうちに、クライアントさんの体のほんの些細な動きや変化が、以前よりはるかに感じとりやすくなってきたのです。

少しずつではあっても自分の内面がゼロに近づくにつれて、相手の体のささやかな声に耳を傾けることができるようになったのだな・・・と、この長い道のりを顧みて、感慨深くなったりしたのでした。

 

 

 

そんな風に、自分の内面の大きな変化を日々感じつつ、それを表現する言葉が見つからずに、こうしてブログを更新できずにいたのでした。

 

 

 

 

そして、自分の中で変化の一つの区切りのようなものを感じていた時のこと、

友人から28日に開催予定にしていた「ホームボディセラピー講座」への申し込みをいただきました。

 

 

先のブログにも書いたように、今のこの状況だからこそ、わたしの意図や在り方を表現しようと思い、講座の開催を決定はしましたが、

そうは言ってもこの騒動の中、ご希望される方はおそらくいらっしゃらないだろうとも思っていたので、実はほぼ開催することはないだろうと考えていたのでした(笑)

けれど、「今のこの状況だからこそできることをやりたいと思って」と、わたしと同じような想いを持ってくれる人がいることは、とても嬉しいこと。

状況を見ながらではありますが、開催の方向に向けて進めていこううと思います。

 

 

 

もし同じような考えをお持ちで、参加してみようかなと考えていらっしゃる方がいらしたら、その旨ご相談くださいね。

ただ、このような状況ではありますので、少しでも不安があったり、ご家族に感染のリスクが高い方がいらっしゃるような場合は、どうぞご無理なさらないでください。

わたしも、何が何でも開催を!と思っているわけではなく、無理なくご一緒できる方がいらっしゃるのであれば、衛生面に充分に配慮しつつ、この停滞し鬱屈した空気を少しでも変えるきっかけを作れれば・・・

そんな気持ちでおります。

 

 

この講座の開催についても、わたし自身の内面をしっかりとクリーニングしながら、それが開催でも中止でも、最善の結果を得ようと思っています。

 

 

 

 

いずれにしましても、この騒動が一日も早く収束するように、これからも浄化を続けたいと思います。

皆さまも、健康には十分留意されて、どうぞ毎日穏やかにお過ごしくださいね(^-^)

 

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

~家族みんなフワッとゆるんで絆が深まる♪~
リラクセンス・ホームボディセラピー講座
ご参加者 募集中します!

 

 

リラクセンスの基本のキ「皮膚を動かす」を体験していただくことで、「体ってこんなに簡単にゆるむんだ!」を実感していただける、ワークショップ型の講座です。
こんな講座です♪ → 
おひとりで、ご家族と一緒に、お友だちとご一緒に、お気軽にご参加くださいね!(^-^)

日時:2020年3月28日(土) 13時~15時
お時間ある方は、講座後にお茶と手作りケーキをご一緒しましょう♪
場所:くつろぎ処あんこ屋(神奈川県逗子市)
詳しい場所はお申し込みくださった方にお伝えします
料金:3,000円

お申し込みはこちらのフォームからお願いします → 

【注】
① 新型コロナウィルスについて、万が一事態が収束せず自治体などから特別な指示が出た場合は、
中止する可能性もございます。予めご了承ください。

② 少しでも不安があったり、ご家族に感染のリスクが高い方がいらっしゃる場合は、ご参加をご遠慮ください。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

22日(日)の21時より20分間、日曜日恒例の遠隔氣療を行います。
ご希望くださる方はこちらをご一読の上、コメント欄にてお知らせください。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ

 

 

3月28日(土) ホームボディセラピー講座開催いたします

2020/3/3

 

新型コロナウィルスについて、昨日のあさイチで特集していましたね。

ご覧になった方も多いと思いますけれど、感染症の専門医が二人出演され、今の日本の状況に鑑みて、あまり神経質になり過ぎないようにとお話されていたのが印象的でした。

もちろん情報を入手したり予防をするのは必要なことですけれど、あまりにも怖がり過ぎてしまうと、かえって逆効果になりかねないということを感じました。

正しい情報と冷静で適切な対応が求められていますね。

昨日の放送内容はこちらでご覧いただけるようです ⇒ 

 

 

 

そんなコロナウィルスの話で終始してしまった感のある先月でしたが、今月中には収束してくれることを祈りつつ、

3月28日(土)に、「リラクセンス・ホームボディセラピー講座」を開催したいと思います。

「えっ?こんな時に?!」という声も聞こえてきそうですけれど、こんな時だからこそ、なんです。

 

コロナに限らず、ウィルスや細菌など、あらゆる病気の元に対して有効なのは、何よりも免疫力を高めておくことですよね。

そして免疫力を高めるのに有効なのは、体の流れを調えること、そして「わぁ!気持ち良い~♪」と感じたり笑ったリすること。

「気持ち良い」という感覚は、絶対的に免疫力を高めます。

そしてオマケに、リラクセンスでアプローチする皮膚には、快楽を感知して愛情ホルモンである「オキシトシン」を促す感覚器がたくさん備わっています。

つまり、皮膚からの「気持ち良い」という情報は、免疫力を高めるためにとても有効なわけです。

 

 

 

前回の講座にご参加くださった方々は、

力もいれず、手を当てるだけで気持ちもよく、コリもほぐれるのはびっくりしました

してあげるではなく、自分もほぐしてもらっているという気持ちになれるんだという気づきが一番大きかったです

自分も相手も無理せず、お互いが気持ち良くなるなんて、とっても素敵なセラピーだと思います

 

こんなうれしいご感想をくださって、お子さまやご主人、お友だちにやってあげたい!と仰っていただきました。

 

 

 

今年に入ってから不安で凝り固まってしまったご家族の体と心を、気持ち良く楽に解きほぐしてあげませんか?

そしてスッキリと気持ち良く、新しい春を迎えたいですね(^-^)

 

 

【注】
万が一事態が収束せず自治体などから特別な指示が出た場合は、中止する可能性もございます。予めご了承ください。

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

~家族みんなフワッとゆるんで絆が深まる♪~
リラクセンス・ホームボディセラピー講座
ご参加者 募集中します!

 

 

リラクセンスの基本のキ「皮膚を動かす」を体験していただくことで、「体ってこんなに簡単にゆるむんだ!」を実感していただける、ワークショップ型の講座です。
こんな講座です♪ → 
おひとりで、ご家族と一緒に、お友だちとご一緒に、お気軽にご参加くださいね!(^-^)

日時:2020年3月28日(土) 13時~15時
    お時間ある方は、講座後にお茶と手作りケーキをご一緒しましょう♪
場所:くつろぎ処あんこ屋(神奈川県逗子市)
    詳しい場所はお申し込みくださった方にお伝えします
料金:3,000円
お申し込みはこちらのフォームからお願いします → 

【注】
新型コロナウィルスについて、万が一事態が収束せず自治体などから特別な指示が出た場合は、中止する可能性もございます。予めご了承ください。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ

 

 

こんなこんな時だからこそ、不安を愛に変えたい

2020/3/1

 

久しぶりの投稿になりましたあせる

今日から3月になりましたね。

年度の終わりの季節。

例年なら卒業や移動などの話題が持ち上がってくる時期ですけれど、今年はかなり様子が違っていますね(;^_^A

テレビなどのメディアはじめ、みんなの話題が新型コロナウィルス一色になってしまっていて、異常なくらいの状況汗

わたしの住む地域の保健所の管轄内で感染者が確認されたこともあり、スーパーでは連日買い占めがあったりして、皆殺気立っているようですあせる

こういった現象は、東日本大震災の後や、昨年の台風の前の数日などにも経験しましたね。

そして、こんな状態を目の当たりにして、わたしは買い占めている人への怒りをあまり感じなくて、、、

その代わりに感じるのは、みんなこれほどまでに大きな不安や恐怖を抱えて生きているんだな、ということ。

あまりにも不安だから、怖いから、それが「買い占め」という行為として表れているだけなんですよね。

そしてそうやって表現されている、たくさんの人たちの不安や恐怖のあまりの大きさ、強さに、どうやらわたし自身とてつもない不安を感じてしまっているみたいです(^^;

いえ、そもそもわたし自身が大きな不安や恐怖を持っていたんですよね。

だからそれを体験するような事態が起こっている、ということが正解なのでしょう。

「ほら、こんなに不安や恐怖を持っているよ!」と教えてもらっているのですね。

わたしはウィルス自体はそれほど怖がっていないし、必要以上に不安に感じることはありません。

でも、そこから起こっているこの異常なまでの状態に対しては、思いもかけず不安や恐怖を感じてしまっています。

そして実のところ、何がきっかけかとうことは、それほど大きな問題ではないのですよね。

何がきっかけであれ、不安や恐怖という反応を返しているということが、わたしにとっては大きな問題なんです。

なぜなら、その感情を持ち続けていることこそが、わたしの内面の平和を脅かしているから。

わたしたちが自分の内側でどんな経験をしているのか、それが外側の世界に映し出されている。

それがこの世界の仕組みです。

わたしのように内面に不安や恐怖を持っていれば、出来事に対して不安や恐怖を感じますし、内面に怒りを持っていれば、出来事に対して怒ったり、怒りを感じたりします。

そうではなく、内面が平和で満たされていれば、例え今のような異常な状況でも、不安や恐怖から行動するのではなく、冷静に適切に対処できるはずです。

未知のウィルスは確かに怖いですよね。

でも、必要以上に不安を感じるバイブレーションがあると、更に不安を増大させ、事態を悪化させてしまいます。

それが今の日本の状態ではないかなと感じています。

 

今わたしたちにできることは、まずは自分の中に大きな不安や恐怖の感情があるということを認識して、受け入れて、

もしそれが自分にとって居心地の悪いものであるなら、それらとサヨナラして手放してみませんか?

そうすれば、自分は今どうあるべきなのか、今何が必要なのか、冷静に判断できるようになるはずです。

不安から行動するのではなく、”愛をもって”行動し過ごすことができるはすです(^_^)

この”愛”こそが、今のわたしたちに不足しているもので、今の日本にとてもとても必要なものなのではないかな・・・と感じます。

わたしもこの機会に、わたしの中にある大きな不安や恐怖を、今この瞬間にしっかりとクリーニングしようと思います。

そして大きく深い愛をもって、今わたしたちが置かれている状況を少しでも回復できるように、日本が世界が元気になるように努めたいと思っています!

 

「積極的に待つ」が必要な時

2020/2/10

久しぶりの投稿になりましたあせる

節分も終わり、また新しい一年が始まっていますね!

この数日、この時季らしい寒さがやってきていますけれど、皆さまお元気でお過ごしでしょうか?

巷ではウィルスの猛威もニュースになっていますね汗

マスクや除菌などの対策はもちろん必要ではありますけれど、何ものにも揺るがないように自分自身で心身の状態を整える意識が何よりも大切です。

この機会を、自分の心と体の状態を普段以上に意識して調えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

わたしも意識を高く保てるようにしたいなと思っています。

 

 

 

そんなこんなのこの時期、わたしの周囲では、「なんだか分からないけど調子が出ない」とか、「体調が悪いわけじゃないんだけど、なぜかやる気が起こらない」とか、「いろんな流れが滞っている」などという声を、とてもよく聞きます。

昨年末辺りから、わたし自身も同じような重さというのか、滞り感のようなものを感じているので、全く同じではないけれど、皆さんが言われること、感じていることの一端は分かります。

そして、そんな風に感じている人は、きっともっとたくさんいるのではないかしら?とも思います。

 

 

 

物事が動かない時、動かそうと思っても動けない時というのは、必ずありますよね。

そんな時、焦って何かを動かそうとしてみても、良いことはありません。

というより、動けない時というのは、動かない方が良い理由がちゃんとあって、今は動かないことを「経験」する必要がある、ということなんですよね。

リラクセンスの施術を長く続けていると、そのことが本当に深く納得できるのです。

 

 

 

リラクセンスをやっていると、それまで気持ち良く動いていた体が、突然ピタリとその動きを止めることがよくあります。

施術を始めた当初は、そういう状態になると、「うわ!止まっちゃった!なんで?あせる」と焦って、どうにかして体を動かそうとすることがしばしばでした(;^_^A

その焦りの背後にあったのは、「動くことが良いこと、動かないことは悪いこと」という思い込み。

でも、動かないことが本当に悪いの?と言ったら、いつも悪いことばかりではないのは明白ですよね。

でも、これまでの常識とか、何となく共通意識になっている「そういうものだろう」という前提があると、どうしても良い悪いという価値観で物事を判断してしまいがち。

そしてそういった前提があると、相手の体の本当の声が聞こえなくなってしまうんですね。

 

 

 

その後何年も施術経験を積んで理解できるようになったのは・・・

 

体が動きを止める時というのは、その必要があるから。

これまでとは違う方向に向かいたいけれど、ちょっとインターバルが必要な時、だったり

それまでの流れの中で創り上げてきたリズムを変化させたい時、だったり

一旦止まることで、体の深い部分に癒しを起こしたい時、だったり

 

触れている皮膚の感覚から、そういった体の要求のようなものを聴きとれるようになってきた時、体が突然動きを止めても、焦らずに「待つ」ことができるようになりました。

そして、その「待つ」時間というのは、次の動きをスムーズにするために、体をすっかり解き放つために、決して無視することのできない必要な時間なのだということも理解できるようになりました。

そして焦って待つことを省いてしまった時に起こる弊害も理解できるようになりました。

「待つ」時間をいかに充実させられるかということが、とてもとても大切なのだということを。

 

 

 

人生も同じなのではないでしょうか?

停滞していると感じる時、やる気が起こらない時、物事が動かない時は、動かないことをしっかりと経験する。

動けないことを嘆いたり焦ったりするのではなく、動けない時だからこそできることをやってみる。

動けない時だからこそ気づける「自分」と向き合ってみる。

その、一見何も動きが無いように見える時こそ、実は根底では大きな変化が起きているのです。

だから「積極的に待つ」のです。

そしてその動かない時間をどれだけ大切に過ごせるかということが、その後の人生を軽やかに展開することに繋がるのだと思います。

 

 

 

停滞している時、動けない時、何もできない自分を責めるのではなく、そんな時こそ、自分の心の声にしっかりと耳を傾けて、まずは自分の望むこと、やりたいこと、欲しいものなどに、素直に従ってみてください。

そしてその動かない時間を、ぜひ充分に意識して味わってみてくださいね!

必ずもうすぐ動きが起こってくるはずですから(^-^)

 

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ

 

 

ホ・オポノポノを実践して

2020/1/30

 

本日開催予定だったホームボディセラピー講座ですが、ご希望者さまがお一人で、その方とご相談した結果、今回は開催を見送ることにいたしました。

わたしとしてはお一人でも開催するつもりだったのですが、、、今回はご縁が無かったということですね(^-^;

3月頃にまた開催しようと考えておりますので、日にちが決まりましたらお知らせさせていただきますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、ホ・オポノポノという問題解決法をご存知でしょうか?

ホ・オポノポノとは・・・

 

ネイティブハワイアンの伝統的な問題解決法、ホ・オポノポノ。これを、ハワイ伝統医療のスペシャリストで「ハワイの人間州宝」(1983)故モーナ・ナラマク・シメオナ女史が現代社会で活用できるようアレンジしたのが「セルフアイデンティティー スルー ホ・オポノポノ(SITH)」です。多様な文化的・社会的背景からなる南北アメリカや欧州で実践されつつ、さまざまな国際会議、高等教育の場へも紹介されてきました。

その目指すところは、「この地球上に人間として生を受けたことの個人的な意味」をより豊かに理解し、さらなる気付きへと歩みを深めること。

(以上、ホ・ポノポノ公式サイトより)

 

 

この同じサイトの中で、現在ホ・ポノポノを世界に広める活動をされているイハレアカラ・ヒューレン博士が、ホ・ポノポノをこのように説明されています。

 

問題は、外にはありません。
問題の本当の原因は、あなたの内にいるもう一人の自分『ウニヒピリ』(インナーチャイルド)が、これまで溜め込んできた記憶です。
「ホ・オポノポノ』であなたは、記憶を消去する方法を学びます。
そして、もともとあなたが そうであったはずの完璧で美しい
「ほんとうの自分」を生きるのです。

 

 

 

初めてホ・オポノポノの考え方に触れたのは3年ほど前のことでしょうか?

潜在意識(集合意識)を通して、全ての人とつながっているという氣療の考え方と同じだったので、とてもすんなりと受け入れることができました。

けれど、それからずっと実践していたかと言うと・・・

日常では忘れ、何かあったときに思い出してはクリーニング、ということを繰り返していたという感じで、ほぼ実践できていなかったというのが正直なところでした。

けれど今年になってライフコーチの学びを始めたこともあり、これまで以上に自分自身にきちんと向き合いたいと思うようになり、秋口くらいからかな?本気で実践するようになりました。

 

 

 

ホ・オポノポノは、とてもシンプルです。

身の回りで起こること、目にする事件や事故、心を揺さぶられる物事、、、全ては自分の潜在意識が生み出しているということに100%の責任を持ち、ひたすら自分の潜在意識にある「記憶」をクリーニングするだけ、です。

言葉ではいうのはとても簡単。

でもシンプルなことほど簡単ではないということは、リラクセンスを学んでいて実感するところでもあります。

きっと真実というのはそういうものなんでしょうね~(;^_^A

 

 

そうやって真剣に取り組み始めてから4,5カ月たったでしょうか?

最近やっと、記憶をクリーニングするということの意味が少しずつ、感覚として理解できるようになってきたような気がします。

 

 

 

望む結果を出すためではない。

目の前の現実を変えることが目的でもない。

記憶まみれの暗闇でさまようような生き方から、偉大なる叡智を受け取って、光の中で内面の平和を保ちながら生きる術を身に付けること。

毎日のどの瞬間も、本来あるべき形でクリアに体験すること。

それを可能にしてくれるのが、ホ・オポノポノによるクリーニングなのだと。

 

 

 

ホ・オポノポノのクリーニングを続けていると、この考え方と辿る道というのかな、それは本当にリラクセンスと重なっていることに気づかされます。

 

外側から見えることがどう在ろうとも、答えはその人の中に存在する

こちらの在り方が相手の反応を生み出す

こちらがニュートラルでいないと、相手の真の姿が見えなくなってしまう

自分の在り方や見方が変わったとき、相手の中にも変化が表れる

 

 

少し前のブログにも書きましたけれど、結局わたしはいわゆる「施術」というものをやりたいのではなくて、この真実を実践して生きていきたいのですよね。

リラクセンスや整膚という施術は、その一つの手段。

そのことが本当にはっきりと分かってきました。

 

 

 

なんだかすごく遠回りしているな~と感じることもありますし、そんな自分に苛立ったり焦ったりし続けていましたけれど、

その遠回りしているという感情もクリーニングして、どの瞬間も記憶で光をふさぐことなくクリアに体験できるよう、日々実践を重ねています。

平和はわたしから、です。

 

 

 

 

なんだかまとまりのない内容になってしまいましたけど(笑)

今はそんな日々を過ごしています。

そして、そんな日々の中の一日です↓

 

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ

 

脱セラピスト

2020/1/25

 

先日は、電子書籍に挑戦したという記事を書きましたが、FBの方でたくさんの方に応援のコメントをいただいて、とても嬉しかったです。

本当にありがとうございましたm(__)m

 

 

 

この挑戦ができた背景には、ある視点の変化がありました。

それは、「セラピスト」という肩書きをなくそうと決めたこと。

いえ、これまでもブログでは「セラピスト」と名乗っていたものの、自己紹介などで自分の職業を伝える時に、セラピストと名乗ったことはなかったので、肩書きを持っていたという意識は全くなかったのですが・・・

自分の内面と向き合っている流れの中で、ある日気づいたのです。

自分が「セラピスト」という言葉にとても強く縛られていて、それにがんじがらめにされて一歩も動けずにいたことに。

 

 

 

この仕事を始めて、もうすぐ10年経ちますが、気づけばその間、「セラピストとして」という言葉が、いつもわたしの中心にありました。

それ自体は良いも悪いもありません。

ただ、わたしの中で何が起こっていたかと言うと、

わたし自身が「セラピスト」という言葉から、ある一定のイメージを描いていて、その枠に自分をはめようとしていたんです。

そして日常のどの場面でも、そのイメージの中の「セラピストとして」ということが、行動の基準になっていました。

そこにはわたしの姿はなく、ただイメージするセラピスト像があるだけ。

そしてそこに入りきれない自分はダメだ!と叱咤激励する毎日。

でも、10年近くの間、わたしがこんなに自分で創り上げた「セラピスト像」に執着しているなんて、全く気づいていなかったんですね。

 

 

 

そのことに気づいた時、「セラピストであることを止めよう」という想いが自然と浮かび上がってきました。

そしてその瞬間、体の中心から力がすっと抜けました。

その時、わたしがどれほどセラピストである自分に固執しているのかが分かったし、同時にこんなことにも気づくことができました。

肩書きは何であれ、仕事が何であれ、わたしはわたしの本質を表現するだけで、例え職業が変わったとしても、その表現するものは決して変わらない。

 

 

 

今後も施術の仕事を続けることは変わらないし、多分本質の部分で(この言葉を使うのであれば)セラピストであることに変わりはないと思います。

ただ、職業としてセラピストですと名乗ることには、先ほどもお伝えしたように以前から違和感を感じていた、その部分を大切にしようと思ったのです。

そしてこれからは施術だけに限定するのではなく、わたしにできるあらゆる手段を使って、もっと素直に自分を表現していきたい、表現していこう!と。

例えばこんな風に・・・

 

 

ちょっと見にくいですよね、ごめんなさいあせる

先日、友人から大根をいただいた時のことを描いてみました。

何気ない日常や心を動かされたことなどを、こんな形で表現する―それはセラピストとしてはそぐわないかもしれないし、何の意味もないかもしれないけれど、とてもわたしらしい表現の仕方だなと思うのです。

こんな風に、以前は「セラピスト」のという言葉にとらわれてできなかったことを、これからは素直に軽やかに、思い出したらその場で実行していこうと思います。

そして、そうやって素直に自分を表現していくことが、結果的に、わたしの本質としてのセラピストの部分を深めてくれるはずだから。

 

 

 

 

結局わたしはわたしとしてしか生きられない、ということですね。

そしてあなたも、あなたとしてしか生きられない、のです。

全ての人がそれぞれが自分の本質の声に従って生きられたら、とっても素敵ですね♪

 

 

 

 

こちらもよろしくお願いいたします♪
  ↓
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆、◆ ◆

家族みんなが笑顔で楽になる♪
リラクセンス・ホームボディセラピー講座
~皮膚を優しく動かすだけで、自分も家族もゆるふわに♪~
ご参加者 募集中です!

 

リラクセンスの基本のキ「皮膚を動かす」を体験していただくことで、「体ってこんなに簡単にゆるむんだ!」を実感していただける、ワークショップ型の講座です。
こんな講座です♪ → 
おひとりで、ご家族と一緒に、お友だちとご一緒に、お気軽にご参加くださいね!(^-^)

日時:2020年1月30日(木) 13時~15時
    お時間ある方は、講座後にお茶と手作りケーキをお出しします♪
場所:くつろぎ処あんこ屋(神奈川県逗子市)
    詳しい場所はお申し込みくださった方にお伝えします
料金:3,000円

お申し込みはこちらのフォームからお願いします → 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ

 

 

電子書籍で天使の画集出してみた!(≧▽≦)

2020/1/22

 

1週間前くらいのことでしょうか?

ふと、「電子書籍」というワードがポン!と思い浮かびました。

え~、何だろう???

次の瞬間、「あ、昔描いた天使のイラストを電子書籍にしてみようかな!」というとんでもない考えが浮かんだのでした

え?本?わたしが???何のジョーダン?

そんな冷静なわたしの心の声も聞こえてきたし、

いやいや、売れるはずないじゃん!バッカじゃないの?

そんな言葉も浮かんできたけれど、、、出版するだけなら自由だよね。。。

そう言えば、自分の絵が本になったら素敵だな~♪なんて、能天気に考えたこともあったっけ(笑)

 

 

これまでのお行儀の良いわたしと、ちょっと遊んでみる?という子どものわたしがほんのちょっと闘った末、

売れる、売れないはどうでも良いから、思いついたことは形にしよう!と、子どものわたしの声に従ってみることにしました。

 

 

 

思い立ったら早速と、電子書籍の出版について調べてみると、自分で出版にトライしている人って、思いのほか多いんですね!

ハウツーをブログに書いている方もたくさんいらして、そんな方々からお勉強して、一番ポピュラー(なのかな?)なAmazon Kindleで試すことに決めました。

ご指南の通りにやり始めたは良いけど、進めていくうちにありゃりゃ!?ということもたくさんあって(もともとパソコン作業は得意ではないしあせる)、使えるはずの表紙作成ツールは使えないしで、何度もへこたれそうになったけど、、、

何度も更新を繰り返して、どうにかこうにか形にすることができました!

と言っても、重ねて言いますが、まずは形にすることが目標だったので、出来の良しあしは二の次です(≧▽≦)

 

 

 

なにはともあれ、出来るなんて思ってもいなかったことにチャレンジして、実際に形にできたというのは、やっぱりうれしいものですね!

まぁ、もともとが遊び心で作ったので、万が一にでも売れることはないのでしょうけれど(笑)

そして、こうしてブログを書きながらも、頭の隅で「バッカじゃないの?」という声はやっぱり聞こえてきていて(;^ω^)、ドキドキしながら記事を書いています(笑)

ということで、、、

「かわいそうだから買ってやるか~」という心優しい方、奇特な方がいらしたら、なにとぞ良しなにお願いいたします(´艸`*)

 

「あなたはあなたのままで」
~天使のらくがきでつづる心をほどくメッセージ

 

 

こちらのストアからご覧いただけます ⇒ 

あ、万が一ご購入いただける場合は、kindleアプリの無料ダウンロードが必要です!
(って、普通の人は知ってるのかな?σ(^_^;))

 

 

 

こちらもよろしくお願いいたします♪

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

家族みんなが笑顔で楽になる♪
リラクセンス・ホームボディセラピー講座
~皮膚を優しく動かすだけで、自分も家族もゆるふわに♪~
ご参加者 募集中です!

リラクセンスの基本のキ「皮膚を動かす」を体験していただくことで、「体ってこんなに簡単にゆるむんだ!」を実感していただける、ワークショップ型の講座です。
こんな講座です♪ → 
おひとりで、ご家族と一緒に、お友だちとご一緒に、お気軽にご参加くださいね!(^-^)

日時:2020年1月30日(木) 13時~15時
    お時間ある方は、講座後にお茶と手作りケーキをお出しします♪
場所:くつろぎ処あんこ屋(神奈川県逗子市)
    詳しい場所はお申し込みくださった方にお伝えします
料金:3,000円

お申し込みはこちらのフォームからお願いします → 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ

 

 

明日の遠隔氣療のお知らせ

2020/1/18

 

* * * * * * * * * *
2020年1月30日
家族みんなが笑顔で楽になる♪ホームボディセラピー講座
ご参加者募集しています!
* * * * * * * * * *

 

 

今日は冷え込みが厳しいですね。

比較的温暖な逗子でも、お昼前後に雪が降りました。

今日、明日とセンター試験の受験生の皆さま、大事な時ですから体を冷やさないように気をつけてくださいね!

体調万全で、これまで積み重ねてきた力をしっかりと発揮できますように・・・!

 

みんな、がんばってニャ!

 

 

 

 

明日19日は毎週日曜日に行っている遠隔氣療の日。

21時より20分間行いますので、ご希望くださる方はこちらをご一読いただいた上で、コメント欄にてお知らせください。

 

 

 

こちらもよろしくお願いいたします♪
  ↓
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

家族みんなが笑顔で楽になる♪
リラクセンス・ホームボディセラピー講座
~皮膚を優しく動かすだけで、自分も家族もゆるふわに♪~
ご参加者 募集中です!

 

 

リラクセンスの基本のキ「皮膚を動かす」を体験していただくことで、「体ってこんなに簡単にゆるむんだ!」を実感していただける、ワークショップ型の講座です。
こんな講座です♪ → 
おひとりで、ご家族と一緒に、お友だちとご一緒に、お気軽にご参加くださいね!(^-^)

日時:2020年1月30日(木) 13時~15時
    お時間ある方は、講座後にお茶と手作りケーキをお出しします♪
場所:くつろぎ処あんこ屋(神奈川県逗子市)
    詳しい場所はお申し込みくださった方にお伝えします
料金:3,000円

お申し込みはこちらのフォームからお願いします → 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

今日も全てに感謝!キラキラキラキラキラキラ