整膚とリラクセンス・ボディセラピーを通して、体の手当て+心にも手当て

contact
access

ブログ

無理はしていないと言いながら・・・

2019/10/5

わたしは時間があると朝、逗子海岸を散歩しているのですけれど、今朝は久しぶりにきれいに富士山が見えました♪

 

 

 

昨日は強風が吹いていたので、空気が洗われたのでしょうか、とても清々しい空気でした。

自然の恵みに感謝です。

 

 

 

 

 

以前このブログの中でも書きましたが、8月の半ば過ぎに茶箱から転落して背中の右側を強打しました。

その時は、骨は大丈夫そうだなと思っていたのですけれど、翌日当たりから、こりゃどうやらヒビが入ってるなぁ~という痛みに変わってきたのです汗

(昔、肋骨にひびが入った経験があったので、痛みの質の違いが分かるようになりました 笑)

とは言え、肋骨のヒビについては何もできることはないんですよね~。

無理してはいけないけれど、あまり大事大事にし過ぎても筋肉が固まってしまうし・・・ということで、セルフケアをしつつ、翌日から普段のペースでカー〇スに通うことにしました。

 

 

えっ?そんなにすぐに筋トレなんかして大丈夫なの?と心配してくださる方もいらっしゃいましたが、痛みが出ないくらい程度に、無理しない範囲で動かした方が、返って治りも早くなるもの。

コーチに状況をお伝えして、じっくりしっかりと自分の体に確認しながら、決して痛みが出ない範囲で、ゆっくりと無理せず筋トレを続けました。

すると、動かすとビビっ!と響いていた強い痛みが、たった2週間で全くなくなったことには、我ながらビックリ!目

できる範囲で無理せず動かすことって本当に大切なんだなぁ~と再認識したのでした。

 

 

 

今頃になって、なぜひと月以上も前のこの話を持ち出したかと言うと、、、

この「無理しない範囲で動かす」ということを、きちんととらえられていない人が、思いのほか多いんじゃないか?と気づいたからなんです。

 

 

 

ケガをしたりといったこのような状況で「無理しない範囲で動かす」というのは、「痛みが出ない範囲で動かす」ということ。

つまり、これ以上やったら痛みが出そうだという一歩手前で止める、その範囲を超えない、ということです。

「そんなこと分かってるよ!」と思われますか?

そう、たいていの人が言葉では理解しているんです。

でも、実際にやっていることをお聞きすると、少々の痛みが出ても「このくらい大丈夫」と思っているのか、そのまま動かし続ける人が多いんですね。

そして、治りが遅くなってしまったり、場合によってはさらに悪化させてしまう結果になってしまいます汗

頭で分かっていても、実際にはその通りにはできていない、ということです。

 

 

 

痛みが出る一歩手前で止めるためには、どこまでなら大丈夫かな?と、いちいち体の状態を確認しながら動かさなければなりません。

どこまでなら痛みが出ないかに気づくためには、ゆっくりと動かさなければなりませんし、体へしっかりと意識を向けて、体の反応を感じながら動かす必要があります。

当然のことながら、普段と同じスピードで動かしたり、無頓着に動かしていては、どこから痛みが出るのかを感じることはできませんし、痛みの出る手前で止めることはできません。

でも実際には多くの方が、普段通りに動かして、ちょっとくらいの痛みが出ても、それを痛みと判断せず、痛みを無視して動かし続ける・・・ということを無意識にやっています。

そして痛みを感じながらも、「無理はしてないよ」と言っているんです。

無意識に。

そう、無理していないつもり、なんです。

でも、痛みがあるということは、体にとっては、それは「無理」なんです。

 

 

 

ここでしっかりと理解しておいていただきたいのは、痛みはサインだということ。

 

何かおかしいよ

無理してるよ

ちょっと休んだら

今までのやり方をちょっと変えてみたら  等々

 

痛みは様々なサインを送ってくれています。

痛みが小さいうちにそのサインに気づくことができれば、そこで修正して早く治すことができるのに、小さなサインを見逃してしまうがために、悪化させたり大きく体調を崩してしまう、

悲しいけど、本当によくあることなんですね。

 

 

 

今お伝えしたことは、実際にお客さまに確認して初めて分かった事実です。

痛みが出ない無理のない範囲とペースで動かせば、可動域がだんだん広がって、筋肉を固めることもなく治りがとっても早くなるのに、「無理がない範囲」をきちんと分かっていないばかりに、かえって治りが遅くなるばかりか、場合によってはかえって状態を悪くしてしまうなんて!

これはちゃんと皆さんにお伝えして、きちんと理解してなければ!と思った次第です。

 

 

どんなに小さな痛みでも決してないがしろにせず、でも甘やかし過ぎず、ご自分の体と丁寧に向き合ってくださいね。

もしもの時に、この話を思い出して、役に立てていただければ嬉しいです。

 

 

 

 

そして、小さな痛みを見逃さず、、、ということは、体だけでなく心にも当てはまることだというのも、最近強く感じていることなのですが、

長くなってしまいますので、その話はまた次回にしたいと思います。

 

 

初心に戻って学んできました

2019/10/3

昨日は一日、リラクセンスの講習に参加してきました。

 

 

「ゆるむ1DAY講座」というのは、一番最初に受ける体験講座。

わたしも5年前のちょうど頃に初めてリラクセンスを知り、この講座を受けました。

昨日はもう一度この講座を受けて、リラクセンスの基本のキに立ち戻りたいと思いました。

 

それと、この講座を受けた理由のもう一つ。

5年間リラクセンスを学んできて、このシンプルな手技の奥深さを知っていくうちに、その素晴らしさへの実感を深めていくのと同時に、知らず知らずのうちに頭でっかちになってしまっている自分に気づくことが多くなってきたのです。

リラクセンスに出合った時の、「うわぁ!すごい!!」とか「面白~い!」とか「えっ!なんで??」とか、何も知らなかったからこそ、ただただ驚いたり感激したり感動したり、

あの時の心が大きく揺さぶられるような感覚を、もう一度取り戻したいと思ったのでした。

初心ってやつですね。

 

 

 

講座には初めてリラクセンスに触れる2名の受講者もご一緒でした。

講座の最初から最後まで、これまで聞いたことないような考え方や、体に対しての捉え方に、たくさんの大きな「?」を浮かべた顔をされていて、お二人とも驚きを隠せないご様子でした。

「こんなことで、どうして楽になるの、?」というような感覚をご自分の体で体感して、その度にお二人が返す反応に、5年前の自分を見るようでした。

驚きや感動って、本当に素敵!!

 

 

 

こんな風に、二人一組になってお互いにゆるゆるし合いました♪

ただ皮膚を動かすだけなのに、なぜかゆるんでしまう、リラクセンスの面白い所です。

 

 

 

初めてのお二人の存在は、わたしにとても大切なことを思い出させてくださいました。

 

相手の体の反応を楽しむこと。

体の神秘を驚きをもって受け入れること。

そしてなによりたいせつなこと、まず第一に、自分の中の「楽」を大切にすること

 

研修会や練習会でいつも言われることではありますけれど、初心に戻って体験することは、いつも以上に自分の中に浸透してくるような気がしました。

ありがたいです。

 

 

 

 

昨日ご一緒してくださった皆さま、楽しくも充実した時間をありがとうございました。

 

 

 

昨日はその後、コーチングのセッションがあり、そこでもたくさんの学びや気づきをいただきました。

信頼してご依頼くださったこと、心より感謝いたします。

 

セラピストとクライアント。

一般的には、「してあげる」「してもらう」という、一方方向の関係にとらえられがちですけれど、この世界のどんな関係性も、与えるだけ、与えられるだけの一方通行は成り立ちません。

そこには、お互いにあたえ、与えられという、循環が必ず発生しています。

目に見えないその循環に気づくことができると、この世の中はとても会いにあふれたものだと気づくことができますね。

周囲の全ての存在と、そんな関係を創り上げていきたいな、と思います。

 

 

 

続「待つ」こと~積極的に待つ

2019/9/23

今日は秋分の日、そしてお彼岸の中日。

わたしにとっては、亡き父の誕生日でもあります。

 

 

全くスピリチュアルに縁がないと思っていた姉が数週間前に、わたしの家の居間で、こんなことを言いました。

「窓のあそこのところで、よくお父さんがタバコを吸っていたんだよね。窓を少し開けて、タバコの煙を外に吐いていたのを覚えているんだけど、1ヶ月くらい前から、お父さんがそこにいるような気配をいつも感じるの。」

 

姉は普段そんなことを話したこともなかったので、ちょっと驚きました。

そして、姉が父親の気配を感じ始めた頃は、わたしがホ・オポノポノで真剣にクリーニングを始めた時期と一致します。

そして、以前このブログでも書きましたが、台風の時に両親に守られていると感じた不思議な感覚のこと。

 

何と言ったら良いのでしょう。

姉も同じような時期に、同じような感覚を覚えていたことについて、ただ単に嬉しいとか驚いたという言葉ではとうてい表現しきれない不思議な感覚、感情

宇宙の流れと言ったら良いのか、、、不思議な力に守られている感覚を覚えました。

そしてその日から、わたしも父親の存在を、よりしっかりと深く感じるようになりました。

何かが確実に変化しているようです。

 

 

 

そんなこんなの中での今日のお彼岸。

お客さまから美味しそうなおはぎをいただきました♪

 

 

甘党だった父。

母が生きていた頃は、よく手作りをしてくれました。

わたしは・・・そこまでできないけれど(^_^;)

両親と一緒に美味しくいただきました。

Eさん、お心遣いありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

昨日のブログで、「ただ待つ」ことの大切さについて書かせていただきましたけれど、一つ大切なことをお伝えし忘れたことに気づいたので、今日は続きを書かせていただこうと思います。

 

 

リラクセンスで「待つ」ということも動きの一つだということを、昨日の投稿でお伝えしましたけれど、その際に意識すべき、とても大切なことがあります。

それは、「積極的に待つ」こと。

どういうことかと言うと。。。

 

 

 

リラクセンスのセッションでは、皮膚に軽く触れ、皮膚を寄せることで、体がどう反応を返してくるのかを見ます。

触れた結果、ゆらゆら揺れたり、腕や脚がグルグル回ったりという反応が出るのですけれど、

例えば、腕がグルグル回っている途中でピタリと動きが止まってしまった場合は、動いていた方向へと皮膚の「遊び」をとりながら、次の反応が出るまで待つんですね。

(実を言うと正確にはこの通りではないのですけれど、一般の方に理解しやすいようにざっくりと表現しています。リラクセンス関係者の皆さま、ご了承ください)

つまり、右から左へ動いている途中で止まったのであれば、左へ皮膚の遊びをとりながら待つ、ということです。

この「遊び」という感覚は、車のハンドルの遊びを想像していただけると分かりやすいと思います。

そちらの方向へ実際に車が動く手前に、ハンドルだけが軽く動くスペース、遊びがあると思います。

その感覚と同じです。

つまり、「遊びをとって待つ」ということは、そちらへ動く準備をしながら、でも実際には動かさずに次のアクションを待っている、その状態のことを意味します。

これが先ほどお伝えした、「積極的に待つ」ということです。

 

 

 

昨日、「ただ待つ」と書きましたけれど、実はただただぼんやりと待ってているのではなくて、反応が出たら、動きが出たら、そこについていこうという意図があって待っている状態。

もしかしたら、動いてきた方向に進むのかもしれないし、反対の方向に戻るのかもしれない。

もしかしたら、その一連の動きはそこで終わって、全く新たな動きが始まるのかもしれない。

その全ての反応に対応するために、意図をもって積極的に待つ。

それがリラクセンスで大切にする、「ただ待つ」という姿勢です。

 

 

 

そして昨日もお伝えしたように、わたしたちの人生の節目節目でも、「待つ」ということが必要になることが何度かありますけれど、

その時にも、ただぼんやりとしているのではなく、進むべき方向をしっかりと見据えながら待つということが、とても大切なのではないかなと思います。

 

どちらの方向に行きたいのか

自分はどのような生き方をしたいのか

どのような人でありたいのか

 

それだけは見失わず、しっかりと方向を見据えていれば、「待つ」ということが、意図を持った積極的な「行為」になるのではないかな。

いつもそう感じています。

 

 

 

わたしたちくらいの年になると家族関係や生活環境が変わってきたりして、嫌がおうなく変化を強いられたり、人生の節目を迎える人が多くなりますよね。

そんな時、もしかしたら、一旦人生が止まってしまったような不安を感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、それも人生の中の大切な変化の一つ。

 

これまでと同じように進むのか

方向転換をするのか

自分の在り方を一度見直すのか

 

自分の進みたい方向へと視線をキープすることだけは忘れずに、充分に時間をとりながら、何もせずに「ただ待つ」ことを楽しむ、

長い人生の中で、そんな時期があっても良いのではないでしょうか(^-^)

 

 

 

 

 

 

今日の逗子海岸の夕景。

 

 

 

ネコさんがおお空を翔んでいます

 

ただただ美しくて、訳もなく涙があふれてきました✨

美しい姿を見せてくれる自然に感謝です。

 

 

 

小さな幸せを拾い集めて

2019/9/19

今日、家庭菜園をされているご近所さんから、こんなものをいただきました♪

 

 

 

長~いインゲン豆?って感じですが・・・実はちょっと違います。

 

 

 

 

本来はカラカラに乾いてから収穫します。

 

 

そして出てきた豆はこんな感じ。

もうわかった方もいらっしゃるかしら?

実はこれ、お赤飯で使うササゲなんです。

初めて見たときは、まさかこんなに長~いさやに納まっているなんて考えたこともなくてビックリしました。

上の写真の緑の豆は、そのまま茹でて普通のインゲン豆のように食べられます。

そして、熟した(?)ササゲはと言うと・・・

 

 

 

あはは~、これだけ(笑)

お茶碗一膳分くらいはお赤飯炊けるかしら?(笑笑)

今日はこのほかにも、青じそと穂紫蘇をいただいちゃいました、嬉しい♪

 

 

この方のお家の前を通ると、いつも「これ持っていかない?」と、お花やお野菜など、何かしらをいただいちゃうんですよね。

庭仕事が好きで楽しくて、そのお仕事からの収穫が有り余るほどたくさんあり過ぎて、だからどんどんみんなにお裾分けしちゃう。

これこそみんなが幸せになる姿♡

本当に素敵だな~といつも感じます。

 

 

 

 

数日前に、高齢者施設に整膚のボランティアに行ったのですけれど、ある女性入所者さんの肩から背中辺りに手を当てている時に、突然面白いことを言われました。

「何か入れてるの?」

 

はぁ?

何かって?

入れてるって?

どーゆーこと?

何をどこに入れるっていうの?

 

何を言われているのか全く分からなくて、あれ?認知の方かしら?と思ったりして(初めての方だったので)、瞬間無言になってしまったわたしに、もう一度、

「何か入れてるの?すごくあったかいんだけど」と。

 

あぁ、やっと分かりました!

手を触れている箇所がすごく温かく感じられたのでしょうね。

カイロでも使っていると思われたのかもしれません(笑)

 

「今ね、手のひらを当てていたから、それで温かくなったのかもしれませんね~」とお応えすると、

「あぁ、そうなの、あったかいねぇ」ともう一度。

 

 

 

ただ手を当てた箇所が温かいと感じてくださった、たったそれだけのことなんだけど、なんだかとってもありがたくて。。。

 

 

 

この施設に通い始めた当初は、やっぱり少しでも良くなっていただきたくて、どこかに力が入っていたと思います。

もちろん、比較的若い方や、症状がそれほど進んでいらっしゃらない方には「改善」というのも必要なことだとは思いますけれど、

言葉を濁すことなく言ってしまえば、ここにいらっしゃる方の大半にとって、ここは最期の時を迎えるまで時を過ごす場所となるわけです。

そのような方々にとって一番大切なこと、必要なことは何だろう?と考えたとき、少しでも穏やかな時間を多く持っていただくことなんだろうな、、、

そう気づいた時、わたしがここへ通う目的が変わってきたんですね。

 

今この瞬間だけでも、少しでも、

気持ち良いな

楽だな

温かくなったな、

そんな風に感じて、少しでも長く佳い時間を過ごしていただけたら、それが何より、

そんな風に感じるようになりました。

 

だから、「気持ち良いねぇ」とか「あったかいね」と、ぽつりと発していただく一言が、心から嬉しいなと感じます。

 

 

 

今この瞬間に感じる小さな幸せを拾い集め続けたら、それがいつの間にか大きな幸せに育っていることに気づくのかもしれませんね。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

浄化と再生の12ステップライフコーチング
体験セッション

対面・電話・Zoom・スカイプなどで受けていただけます
セッション時間: 60~90分(+説明時間)
料金: 5,000円
募集人数: 5名

お申込みはこちらから!

~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

どの瞬間も自分らしく

2019/9/14

 

今日は地元逗子で、子ども食堂のボランティア活動の日でした。

 

 

 

月に3回、3カ所で開催する子ども食堂。

その活動に参加することは、わたしにとって本当に楽しい時間なんです。

でも、最初からこんなにな年いと思っていたかな?と振り返ると、そうではなかったことに気づきました。

 

 

 

わたしはずっと、楽しむことが苦手でした。

楽しむことがどういうことなのか、よく分かりませんでした。

それでも、ずっとっずっと、どうにかして幸せになりたくて、幸せって何だろう?どうしたら幸せになれるんだろう?と追求し続けてきました。

そしてあることをきっかけに、去年から、「これからは決して自分をごまかすまい!自分にだけはウソをつくない!」と決めて過ごしてきました。

そしてこの春からライフコーチの学びを始め、自分との対話を深めてきたわけですが、、、

 

 

 

そうやって自分と向き合う日々を過ごしていて気づいたのは、

わたしは本当の意味で、自分の魂の声を聞くことをしていなかった、その声を無視し続けていたんだな、、、ということでした。

魂の声をインナーチャイルドと呼んでいただいても良いかもしれません。

わたしのインナーチャイルドは、ずっとずっと、「これが好き!」とか「こうしたらどうかしら?」とか、わたしにいろんなサインを送ってくれていたのに、それに応える「フリ」だけして、結局はちゃんと応えてあげてはいなかった、ほとんど無視していたんですよね汗

そのことに気づいてからは理屈で反応するのではなく、ただひたすらにその声を聞き入れてあげることだけに集中するようにしてきました。

(これが、慣れないとなかなか難しいんですよね(笑)何せ、理屈をつけて言い訳をすることに慣れてしまっていたので(;^_^A)

 

 

そして、そうやって毎日を過ごしているうちに、とても大切なことに気づくことができました。

 

 

 

「幸せはごくごく普通の当たり前の生活の中にある」ということはよく言われることですし、わたし自身も「そうだよね、分かってる」と、ちゃんと理解していたつもりでしたが、、、

実際には言葉だけのことで、その実全く理解してはいなかったんですね。

だからずっと、仕事をしたり人の役に立っていない時間、大きな喜びや幸せを感じられない時間、「有意義」という枠にカテゴライズされない時間は、わたしの中で「あってはいけない時間」として却下していたし、

(人によっていろいろ定義はあると思いますけれど)分かりやすい大きな成功や達成感を伴う結果や、大きな喜びを持てるようなことがないと幸せとは呼べない!というような観念を、心のどこかでしっかり握りしめていました。

その場で大きな価値を見出せない時間や、有意義な結果につながらないような時間を過ごすことは、わたしにとって罪以外の何ものでもなかったし、あってはならない時間だった、ということです。

それに気づいた時、「これまで何てたくさんのものを失ってきたんだろう?」と、とても悲しく、情けない感情が湧いてきましたし、後悔や落胆、自分に対する怒りすら感じました。

 

でもね、次の瞬間、こんなに大切なことに気づけたことが、すごく嬉しい!とも感じたんですね。

そうか、幸せって、こういう何でもない時間も慈しんだり喜んだりできるってことなんだ!

いつも、どの瞬間も、自分らしく、自分自身で楽しめること、それだけで良いんだ!

 

もしかしたら、多くの方にとっては「そんな当たり前のこと」と思われるかもしれませんけれど、わたしにとって、その当たり前の喜びを体験的に理解できたことは、本当に嬉しかったんですよね。

 

 

 

この、本当にささやかな喜びに気づいてから、自分で自分を満たすというのがどういうことなのか、本当の意味で少しずつ分かってきたような気がします。

いつも自分自身と対話して、その存在を慈しんで、愛して過ごすこと。

本当にそれが全てなんですね。

まったく難しいことではないんですよね。

そして、そうやってわたしが意識を変えて過ごしていると、見える風景も変わってきていることにも気づきます。

人生で起こることは全て、自分の意識が創り出しているのだということも、同時に実感できたのでした。

 

 

 

いつも、どの瞬間も自分らしくいること

それは難しいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんけれど、

そうあろうと決め、その意識を持ち続けることが何より大事なのかな、と思います。

そうあろうとする道のりが、きっと、自分らしくいること、そのものなのではないでしょうか。

そしてその道のりこそが、「幸せ」なのだと思います。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

浄化と再生の12ステップライフコーチング
体験セッション

対面・電話・Zoom・スカイプなどで受けていただけます
セッション時間: 60~90分(+説明時間)
料金: 5,000円
募集人数: 5名

お申込みはこちらから!

~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

ずっと守られていた

2019/9/9

昨晩から今朝にかけて、、強力な台風が直撃した逗子界隈。

今日になってから、土砂崩れや停電など、被害の大きさが明るみになってきました。

あまりの強風と大雨に、わたしも眠ることができず、雨雲レーダーとにらめっこ。

台風の目が横須賀辺りを通過したので、本当に直撃だったんですよねあせる

 

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、うちは築50年はくだらない、かなり古い家。

果たして今回の台風に堪えられるのか?と、内心かなり心配していました。

そこで、敢えて衝撃を直接受けるであろう2階で寝ることにしたんです。

変?変ですよね?(笑)

でも、がんばって耐えてくれる家と一緒に、この台風を乗り越えたいと思ったんですよね。

 

 

 

日付が変わったあたりから、風も雨もかなり強くなってきて、正直、いつ窓が飛ぶだろう?いつ雨漏りがしてくるだろう?と、恐怖感さえ覚えるほどでした。

でも、その恐怖を超えたところで、ただただ一心に祈る自分がいました。

「お父さん、お母さん、神さま、どうか守ってください!」と、無心にお祈りを続けました。

そうやって祈っていたら、これまでどれほど多くの方が、台風や地震、水難などの自然災害に恐怖を覚えてきたのだろう?ということが頭に浮かんできたんです。

きっともっと怖かっただろう

きっともっと苦しかっただろう

数えきれないくらいたくさんの人たちの、数えきれないくらいたくさんの恐怖や苦しみ

それらが、どうかきれいに洗い流されますようにと、一心に祈り続けました。

 

 

 

すると、しばらくして、外は相変わらず大荒れに荒れているのに、何とも言えない安心感に包まれたんですね。

「あぁ、守ってもらえているんだ」

そんな温かさを感じました。

相変わらず家はガタガタ揺れているし、ものすごい風や雨の音がしているし、表面的な意識では、怖い怖いと思っているんだけど、

でも、そんな表面意識とは裏腹に、「守ってもらえている」という内面の安心感が確かにあったんです。

そしてきっと、これまでも同じように、いつも、どんな時も、こうして守ってもらえていたんだということにも、はっきりと気づいたのです。

父が、母が、神さまが、家が、しっかりとわたしを包んで守ってくれていたんだ、と。

 

 

 

自分を守ってくれている存在に気づくことは、内面の平和をもたらしてくれますね。

そんな当たり前のことに、改めて目を開かせていただけた数時間でした。

 

 

 

今回の台風で被害に遭われた方やお怪我をされた方が、一日も早くショックから立ち直って、前を向いて歩まれますように、心よりお祈りいたします。

そして、不幸にも命を落とされた方のご冥福をお祈りしますとともに、ご家族の傷が一日も早く癒えますよう、心よりお祈りいたします。

そして復旧に当たってくださっている全ての方々に、心より感謝申し上げます。

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

浄化と再生の12ステップライフコーチング
体験セッション

対面・電話・Zoom・スカイプなどで受けていただけます
セッション時間: 60~90分(+説明時間)
料金: 5,000円
募集人数: 5名

お申込みはこちらから!

~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

「アホは神の望み」

2019/9/3

先日、大盛況のうちに終わったイベント「第3回 神人和楽」

早くも第4回目の開催日が、12月7日(土)に決定いたしました!

今回も、主催者ゆだぽんさんの神がかったくじ運により、前回、前回、に引き続き、競合者を抑えての当選とのこと。

やっぱり持っている人は違います(*’▽’)

前回ご用事などがあってお越しいただけなかった方、ぜひ手帳に書き込んでおいてくださいね!

あ、わたしもお声掛けいただいておりますので、次回も参加させていただく予定にしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

* * * * * * * * * * * * * * *

 

 

昨日、思いがけないお届け物がありました。

 

 

 

昨年の9月、闘病の末亡くなった友人のお母様から届いた季節の味。

友人の最期の3ヶ月、週に一度病院に通い、整膚させていただきました。

仕事として依頼していただいたので、当然料金もいただいていたにもかかわらず、ご両親はいつも「遠くからわざわざ・・・」と、本当に感謝してくださって、とても良くしていただきました。

友人が亡くなった後も、折に触れお手紙やご連絡をくださって、7月にもお目にかかることができました。

友人が遺してくれたありがた過ぎるご縁に、ただただ感謝するばかりです。

 

 

 

最近図書館で借りたこちらの本。

 

 

 

遺伝子研究で著名な村上和雄先生のご著書。

タイトルの面白さに惹かれて借りてきました。

内容をざっくりと説明すると、、、

人を救うのは笑いであり、諦めない心が遺伝子をオンにして奇跡を生む。

小利口、効率的、合理的に生きるよりも、人から「アホやなぁ」と言われても良いから、根拠のない自信に従って、素直で正直に実直に生きようじゃないか。

そんなことが書かれています。(本当にざっくり 笑)

速やかに一直線に解答にたどり着くような秀才的な賢さに欠けるとしても、多少鈍さはあっても、大きな回り道をたどりながらでも、自分の信じたことを実現するためにコツコツ努力する。

回り道をしたからこそ分かることもたくさんある。

そんな風に時間をかけて味わい深い人生を送る、そういう生き方を見直そうじゃないか

そんなことが書かれています。

遺伝子という、科学の最先端の研究を続けている研究者だからこそ語れる言葉が随所にちりばめられており、目に見えることの先にある見えないものへの造詣を深く感じます。

 

 

 

先日借りたばかりのこの本を読んでいるタイミングで届いた、友人のお母様からの贈りもの。

そして思い出したのは、この友人も「鈍なアホ」の代表格のような人でした。

とても繊細な感性を持っているのに、どこか不器用で、きっと人から誤解されることも多かったのではないかと想像される人。

でも、自分が信じたこと、人、モノには、とことん誠意を尽くす人でした。

それはご両親から受け継いだ、素晴らしい資質だったんですね。

 

 

 

そして同時に気づいたことは、わたしの両親も同じように鈍でアホな部類の人たちだったな、ということ。

 

ライフコーチの勉強を始めたとき、自分の過去の経験の全てを振り返りました。

なぜわたしはこの両親を選んで生まれてきたのか?

両親から受けたマイナスの影響も、実は深い意味があったのだと腑に落ちたことも大きかったけれど、同時に、両親から受け取ったギフトの大きさにも改めて気づき、そのありがたさに涙が止まりませんでした。

その大きなギフトの一つが、愚直なまでに正直に生きるということでした。

人からの信頼を何よりも大切にし、小さなことをただコツコツと積み上げていた両親の姿は、今もはっきりと思い出されます。

その姿に触れて育ったことは、年齢を重ねてきた今のわたしにとって、そしてこれからのわたしの人生にとって、何よりのギフトであると実感します。

 

 

 

思えば、わたしの周囲の大切な人たちはみんな、この「鈍でアホ」な部類に数えられる人が多いような気がします。

(皆さん、ごめんね~!これ、最高の褒め言葉のつもりです!)

そしてその人たちの、愚直で鈍でアホな部分に、わたしはこれまで、どれほど助けられてきた事か!

今こうして、そのことを再確認させていただいているということは、もしかしたら少しそこから遠ざかっていたのかもしれない・・・

そんな自分を顧みるとともに、改めてどれほど自分が周囲の人に恵まれて生きてきたのかを振り返ると、感謝があふれてきて泣けてきます。

 

 

 

大切なのは、自分にとって何が大切なのかを知り、例え回り道だとしても、自分にウソをつかずに正直に生きること。

他と比べるのでなく、自分の中で信じるものに従って生きること。

そして、そうやって自分の信じる道を実直に生きるとき、他者とも誠実にきちんと関わることができるのかもしれないな、とも思いました。

 

 

 

人は一人では生きられない。

自分以外の人や物に生かされているのですね。

生かされている命。

そのことをいつも忘れずに、自分にも他者にも誠実に、を肝に銘じながら、日々を過ごしたいと思います。

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

浄化と再生の12ステップライフコーチング
体験セッション

対面・電話・Zoom・スカイプなどで受けていただけます
セッション時間: 60~90分(+説明時間)
料金: 5,000円
募集人数: 5名

お申込みはこちらから!

~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

褒め言葉をただ「ありがとう」と受け取ってみる

2019/8/30

あっという間に夏も終わりを迎えようとしています。

夏の終わりって、なんでこんなに物悲しいんでしょうね?

 

 

 

先日いらしてくださったお客さま、とっても勉強熱心で、とっても優しくて、女性として、母として、仕事をする一人の人間として、いつも精一杯生きていらっしゃる、本当に素敵な方なんです。

そして、素敵だなぁと思うことをお伝えするのですが、「いえいえ、わたしなんて・・・」と、謙遜されてばかりなんです。

謙遜は日本人の美徳とされていますけれど、でもそれって、どんな場面でも美徳なのかな?と感じることがよくあります。

 

 

「自分が!自分が!」って、いつも前に出たがるのもどうかと思うけど(笑)、でも、自分が出来ること、出来ていることを正当に評価できるというのはとても大事なこと。

自分を過小評価も過大評価もせずに、ありのままを認める、受け容れる。

それはある意味、自分をジャッジしないことに繋がります。

それが出来て初めて、他人をありのままに受け容れることができるのですね。

 

 

 

以前NLP(神経言語プログラミング)を学んでいた時に、一番最初の段階で行ったワークがあります。

それは、誉め言葉を「ありがとう」とそのまま受け取ること。

 

このワークは3~4人のグループになって、1人の人を残りのメンバーが褒めるんですね。

まず最初は外見を見て褒める。

例えば、その服よく似あいますね、とか、髪型が素敵ですね、とか。

そして褒められた人は、「ありがとう」しか言ってはいけないのがルール。

「ありがとう」以外の言葉は一言も発してはいけません。

 

そして、外見を褒めることを一巡したら、今度は内面に関して褒めます。

例えば、雰囲気が柔らかくて素敵ですね、とか、安心感がありますね、とか。

そして今度も、褒められた人は「ありがとう」しか言ってはいけません。

 

 

言葉にすると、たったこれだけのことですが、普段褒め言葉を受け止め慣れていない人は、ついつい「いえ、そんな・・・」とか、「いや、わたしなんて」とか、言いたくなってしまうんですね。

素直に「ありがとう」と言うことが、とても難しいことに気づくんです。

何を隠そう、当時のわたしも「ありがとう」だけをいうことが本当に恥ずかしくて、言い訳をしたくなって仕方ありませんでした(笑)

その場を逃げ出したい!と思ったくらいです(笑笑)

 

 

 

そんな、誉め言葉一つを受け取れるか受け取れないかなんて、たいしたことじゃないんじゃない?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でもね、実はたいしたことなんですよ。

褒め言葉を素直に受け取れない人は、間違いなく自己肯定感が低いです。

自己肯定感が低いままで、心からの幸せを感じることはできません。

わたし自身がずっとそこから抜け出そうともがいてきた過程の中で、確信しています。

 

 

 

自己肯定感が低い人って、自分を肯定することにすごく抵抗があるんですよね、

「偉そう」って思うから(笑)

わたしはずっと、そう思っていました、人より偉そうになる自分は嫌だなぁって。

でも、今なら分かります。

人より偉そうになってしまうと思っていたのは、自分を肯定できていなかったから。

自分を肯定できれば、同じように人も肯定できる。

自分だけではなくて、他人も肯定できるんですよね。

長い時間をかけて、それがやっと本当の意味で理解できるようになったこの数年です(笑)

 

 

 

自己肯定感を高くすることが大切なのは分かってる。

でも、一体どうしたら良いの?

 

そう思った方は、ぜひ先ほどのワークを試してみてください。

誰かに褒めてもらったら、「いえいえ・・・」と否定する言葉を言いたくなってもぐっと我慢して、まず「ありがとう」しか言わないとルールを決めてしまいます。

でもね、多分ね、最初はすごく居心地が悪いと思うんですよ(笑)

もしかしたら、すご~く嫌な気分になる方もいらっしゃるかもしれません。

人からの褒め言葉を突っぱねてきた期間が長ければ長いほど、違和感は大きいと思います。

 

でもね、そう感じたとしても、これまでやってこなかったことをやっているのですから、当たり前のことなんです。

これまで自然の反応、いわゆる”クセ”に任していた反応を、意識的に変えているのですから、違和感があって当然です。

でもクセは直せるんです。

そして意識して言葉のクセを変えることで、気持ちまで変わってくるのが、脳の仕組みです。

わたし自身、10年近く前にこのワークをやって以来、自分自身を受け容れられる方向に、徐々に変わってきた事を感じました。

今は多分、かなりの部分で自分を正当に評価することができてきたな、と思っています。

 

 

 

そして、人からの褒め言葉を素直に受け入れられない人って、ほぼもれなく、人を褒めることも下手です。

褒めたいって思うのに、何か照れちゃって素直に褒められなかったりするんですよね(;^_^A

でも、人からの褒め言葉を素直に受け容れられるようになると、人を褒めることも素直にできるようになります。

面白いですよね?

 

 

 

そうそう、前出のお客さまにこのワークのお話しをしたところ、その場ですぐに挑戦していらっしゃいました♪

会話の端々でわたしがその方を褒めたとき、一瞬間が空いて「・・・ありがとうございますあせる」と、言い慣れていない感満載で口にしていらっしゃる姿が、かわいらしくて本当に素敵でしたラブラブ

こうしてすぐに行動してみる、挑戦してみる姿勢というのも、自分に素直になる入り口なんだなと感じました。

 

 

 

自分を素直に見られること

長所も短所も、ありのままの自分を認められること

そしてそれを、良いも悪いもなくただ受け容れること

 

自己を肯定するというのは、そういうことなんですね。

 

 

「わたしは自己肯定感が低いなぁ」と思っていらっしゃる方は、ぜひ普段からこのワークを試してみてくださいね。

ちょっと知らない自分に出会うような、こそばゆさやドキドキ感も味わえると思いますよ(^-^)

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

12ステップライフコーチング・体験セッション

対面・電話・Zoom・スカイプなどで受けていただけます
セッション時間: 60~90分(+説明時間)
料金: 5,000円
募集人数: 5名

お申込みはこちらから!

~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

明日です!イベント「神人和楽」

2019/8/23

 

以前からお伝えしていたイベント「神人和楽」

いよいよ明日第3回目の開催となります♪

わたしは前回、2回目から出展させていただいていますが、今回は前回を上回る17名のセラピスト&ヒーラーが出展いたします。

ゆだぽんさんがご自身のブログで、全ての出展者を丁寧にご紹介くださっていますので、ぜひご覧くださいね♪

 

ゆだぽんさんのブログはこちら → 

イベントのHPはこちらになります → 

 

今日は小雨模様ですけれど、明日はお天気も回復するみたい晴れ

良かった♪

 

 

 

会場のせせらぎ公園は、東急線多摩川駅の改札を出たら、すぐ左側のレンガ色の建物です。

徒歩0分です(笑)

 

 

改札を出て左側を見ると、こんな策がありますので、

そこを入ってください。

 

 

ちょっと見にくいけど、入り口を入ってすぐ左側の建物が
イベントの会場になっています(2階です)
(写真が下手過ぎ💦)

 

 

 

前回も大盛況でしたが、今回は出展者も増えて、前回以上の盛り上がりになる予感♪

そして、他のイベントではなかなか体験できないセッションやワークショップもありますので、どうしようかと迷われている方は、とにかくお出かけになられることをお勧めします。

(詳しくは「神人和楽」HPをご覧くださいね!)

きっと楽しんでいただけること、請け合いです(^_-)-☆

わたしも皆さまに気持ちよくリラックスしていただけるように、ゆるゆるがんばりたいと思いますp(^-^)q

 

 

 

「ぜひ行きたい!」という方も、「ちょっと時間が空いたわ~」という方も、どうぞお気をつけていらしてくださいね!

皆さまにお目にかかれますこと、楽しみにしています♪

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

「第3回 神人和楽」出展します♪

日時:8月24日(土) 10時~16時
場所:田園調布せせらぎ公園
入場無料

神人和楽HP ⇒ 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

12ステップライフコーチング・体験セッション

対面・電話・Zoom・スカイプなどで受けていただけます
セッション時間: 60~90分(+説明時間)
料金: 5,000円
募集人数: 5名

お申込みはこちらから!

~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

細胞で呼吸する

2019/8/21

一昨日、茶箱から転落した顛末をお伝えしたところ、FBの方でたくさんの方からご心配のコメントをいただき、ありがとうございました。

今日も何人かの友人から、わたしの体を気遣ってくれるLINEなどをもらい、感謝でいっぱいです。

皆さま、ありがとうございます!

お陰さまで、日常生活や仕事には影響なく、横になる時や起き上がるときに、ゆっくり動かないとちょっと響くという程度で済んでいます。

最低限で済んで、本当に感謝です。

ご心配くださった皆さま、本当にありがとうございました(^-^)

 

 

 

最小限で済みはしましたが、痛めた箇所が肋骨周りだったので、腹圧を入れたりすると、グッと圧がかかって鈍い痛みが走ったりはします。

そこで、どうやったら痛みが早く弱まるかな~と考えた末、まずは基本のキ、呼吸法を試してみようと思い、ゆっくりと呼吸をしながら体の反応をしっかりと感じてみました。

すると、以前何かの本で読んだ呼吸法もどきが、すごく良いかも!と感じたので、皆さまにもお伝えしようと思います。

 

 

 

それは、細胞に呼吸をさせてあげること。

まず、痛みがある個所の細胞の一つひとつ自らが、しっかりと深く呼吸しているイメージを持って、細胞に息を送り込んでみました。

そして、その細胞の呼吸のペースにに自分の呼吸のペースを合わせていくように続けていると、まるでその細胞と一体になって呼吸している、そんな感覚になってきました。

しばらくその状態でゆっくりと気持ち良く呼吸を続けていると、それまでギュッと縮こまっていた細胞が、徐々に命を吹き返したかのように活性化してくるのが感じられました。

同時に、緊張していた筋肉も、少しずつ温かくゆるんできて、痛みも軽くなってきたのです。

深い呼吸で新鮮な酸素を細胞に送ってあげることで、そして細胞の一つひとつがちゃんと生きていること、良くなろうとしていることをイメージすることで、自己治癒力が高まったのかもしれません。

深い呼吸というのは、どんな場合でも本当に大切ですね!

 

 

 

体に痛みがあったり不具合がある時って、どうしても落ち込みがちになりますよね。

でも、体は必ず良くなろうとしているのだから、自分の体と協力し合って、早く改善へと進みたいですね♪

 

 

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

「第3回 神人和楽」出展します♪

日時:8月24日(土) 10時~16時
場所:田園調布せせらぎ公園
入場無料

神人和楽HP ⇒ 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~

12ステップライフコーチング・体験セッション

対面・電話・Zoom・スカイプなどで受けていただけます
セッション時間: 60~90分(+説明時間)
料金: 5,000円
募集人数: 5名

お申込みはこちらから!

~*~*~*~*~*~*~*~*~