整膚とリラクセンス・ボディセラピーを通して、体の手当て+心にも手当て

contact
access

ブログ

ワークショップ終了! & 気づいたこと

2016/2/27

今日は午前中から、鎌倉のhammamさんで、整膚のワークショップを行っていました。

hammamにベリーダンスのレッスンに通っていらっしゃる生徒さんたちが、前回のワークショップの際、とてもご興味を持ってくださっていたそうで、ありがたいことにご希望くださっての開催でした。

その他にもご希望くださった方々と一緒に、計8名の方が整膚を楽しんでくださいました。

 

ワークショップが始まった時は、皆さんどんなふうに体を動かしたらいいのか分からないご様子で、ぎくしゃくしていらっしゃったのですけれど、

1時間を過ぎるころには、皆さんこんなになれたご様子で、お互いに整膚をし合っていらっしゃいましたよ!

DSC_0075

 

DSC_0076

 

DSC_0073

 

皆さん、ほとんどプロのようですよね~!(#^.^#)

 

そうそう、今日のワークショップを通して、一つ気づいたことが。。。

 

わたしは必ず、「まず整膚をする人が楽な状態でやってくださいね」とお伝えしています。

理由は二つ。

やる側が緊張していると、受けている人もリラックスできないというのが一つ、そして、楽な体勢で施術すると、受けていても段違いに気持が良いからなんです。

このことを、レッスンやワークショップの間、何度もそれをお伝えするのですけれど、皆さん、自分が楽に動ける状態というのが、思いのほか分からないご様子なんですね。

きっと普段から、体を楽に使うという意識をされていないので、無理な体制での動作に慣れてしまっているからなのでしょう。

それでも、「足をこっちに持ってきて、体の向きをこうしたら楽じゃないですか?」とか。「こちら側からやった方が楽じゃありませんか?」など、一つひとつの動作を具体的に指摘して差し上げると、「あぁ~!なるほど!」と、身体で理解できるんですね。

そしてそれを繰り返しているうちに、だんだんと、身体を楽に使うというのがどういうことか、体が楽に使えるとどんな感覚になるのか分かってきて、無意識に楽な形で使えるようになってきました。

それが先ほどの写真にも表れていますよね!

 

自分の体を楽に使えていないと、自分で気づかないうちに体が緊張してしまっているもの。

そうなると、施術を受ける相手も無意識のうちに緊張してしまい、「気持ち良い」が半減してしまうんです。

「わたしはセラピストじゃないから関係ないわ!」と思われますか?

実はこれ、日常で人と接する時にも大きく関係することだと思います。

相手に「楽にしてね~」と言っている自分が体を硬くしていては、知らず知らずのうちに相手も緊張させてしまいます。

加えて、体を楽に使えていないということは、それだけ無理な体勢で体を使ってしまっているということ。

普段の生活の中で、普通の生活をしているのに、どんどん緊張を溜めることになってしまっているかもしれないということですよね。

だから、どうしたら楽に体を使えるんだろう?と工夫することは、とっても大事なことだと思います。

(ここで言っている「楽」というのは、体の機能に沿った形で無理なく体を使う、という意味です)

 

これまでは、ワークショップを行うことは、ただ整膚をできるようになっていただいて、役に立てていただきたいと思うのが第一でしたけれど、

ワークショップを通して、自分の体の使い方を見直していただくいい機会になることにも気づかせていただきました。

これからは、この点も皆さまにお伝えして、もっとご自身の体や心の健康、そして生き方にお役立ていただこうと思います。

 

たくさんの発見のあった充実した2時間。

ご一緒してくださった皆さま、そしてhammamのスタッフの皆さま、本当にありがとうございました<(_ _)>

 

 

写真展だったり、ワークショップだったり・・・

2016/2/26

22日から昨日まで逗子文化プラザギャラリーで開催していた写真展。

無事に4日間の開催を終え、500名を超える方方にご覧いただくことができました!

中には千葉県など遠方から足を運んでくださる方もいらして、、、

本当にありがとうございました<(_ _)>

今回の写真展は、年1回開催している「小さな命の写真展」とは違い、優しい里親さんに引き取られ幸せになった犬や猫たち、そして不妊・去勢手術を施され、地域の中で生きる場所を見つけて人間の愛情とともに生きる「さくら猫」

その生き生きと暮らす姿を写しとった写真ばかりでした。

だからなのでしょうか、訪れる方々の表情はとても明るく、心から癒されて帰られる姿が印象的でした。

 

とはいえ、この写真展で見られるような動物が光の側面なら、悲しいことに誰にも知られずひっそりと生涯を終える動物たちがいるという、闇の側面もあるのが現実。

その両方の側面をしっかりと伝えつつ、人間によって不幸な環境に置かれている動物たちのために、今わたしたち一人ひとりができることを考え、一歩を踏み出すきっかけ作りを、今後も続けていこうと思っています。

 

そんな写真展開催中の4日間。

急に施術の仕事が入ったりして、会場入りのシフトをチェンジしてもらったりと嬉しいバタバタもあって、あっという間に過ぎていきました。

One☆Pawのメンバーからはいつも、「仕事を優先してね!」と温かく理解ある言葉をもらっていたので、お言葉にうんと甘えさせてもらって、忙しくも充実した時間を過ごさせていただきました。

お互いを支え合い、助け合える仲間と出会えていること、その仲間たちと志を同じくし一緒に活動をできること、本当に得難いご縁だと、感謝せずにはいられません。

望むように生きるって、もっと難しいことのように思えて、ややこしく考えていたけれど、、、

自分の本性に正直に、偽ることなく、自分も相手も尊重する道を第一に考えて行動すれば、きっと思うほどは難しくないのでしょう。

そんなことを教えてくれるのも、またこの仲間でした。

本当にありがたいです。

 

 

明日はhammamさんで、整膚のワークショップを行います。

これまたありがたいことに、hammamスタッフの皆さまがたくさんの方にお声かけくださったおかげで、11名の方にお申込みいただいています。

本当にありがたいです。

皆さまに、毎日を笑顔で過ごしていただくために、整膚を少しでも役立てていただけるよう、しっかりとお伝えしようと思います(#^.^#)

 

 

 

今日から写真展を開催しています!

2016/2/22

今日から25日(木)まで、逗子文化プラザギャラリーで、「いのちつないだワンニャン写真コンテスト入賞作品展」を開催しています。

 

img146

 

友人とやっている動物の啓発活動の一環で、わたしたちOne☆Pawと、主に子どもへの啓発活動を行なっている「つむぐプロジェクト」さんとの共催です。

つむぐプロジェクトさんについては、こちらのサイトをご覧ください → 

 

今回の写真展は、毎年開催している「小さな命の写真展」とは趣が全く異なり、

殺処分を免れ、新しい里親さんのもとで、幸せに暮らす犬や猫、
そして避妊・去勢手術を受け、地域猫として人間と関わりながら生きている「さくら猫」

彼らの幸せに暮らす姿を通して、動物と人間が幸せに共生する社会の豊かさを、ぜひ皆様に知っていただきたいと思います。

 

20160222 1

 

今回の写真の全ては、家族である飼い主が撮った写真ばかり。

それだけに動物たちへの飼い主さんの愛情がストレートに伝わってきます。

愛されて暮らしている動物たちは皆、本当に活き活きとして表情豊か。

「生きるって素晴らしい!」

そんな想いを感じていただけるのではないでしょうか?

 

あいにく平日のみの開催となってしまいますが、20時までやっておりますので、ぜひ皆さま、足を運んでくださいね!

動物の明るく生き生きとした姿に、きっとお疲れも飛んでしまうと思いますよ♬

 

「いのちつないだワンニャン写真コンテスト入賞展」

日時: 2月22日(月)~25日(木)
    10時~20時(最終日は17時まで)
場所: 逗子文化プラザギャラリー (逗子図書館隣)
入場無料

 

 

素直な心に還ろう

2016/2/21

このところ、日替わりで気温が上がったり下がったり。

体調管理が難しい時期ですね^_^;

しっかりと良い睡眠をとって、元気に春を迎えたいですね!

 

この数年のわたしの読書スタイルは、数は少なくてもいいから、本質に働きかけてくれる本を何度も繰り返し読むという形になっています。

自分に必要と思われる1冊があれば、そこに書かれているエッセンスをできるだけたくさん、深く、自分の中に取り込みたいと思うから。

で、この数日で何回も読み返しているのがこの本です。

DSC_0062

読書好きな方ならご存知でしょう、「読書のすすめ」という本屋さん。

その店長でもある清水克衛さんのご著書です。

この仕事を始めて1年目だったか2年目だかに買った本なのですが、

タイトルが示す通り、商売を志す方に向けて書かれてはいるのですけれど、いざ読んでみると商売だけでなく、幸せに生きるとはどういうことか?ということが、仏陀の教えをヒントに、分かりやすく面白く解説されています。

もともとユーモアが大好きな方なので、クスッと笑ってしまう箇所もあちこちに。

それでもずっしりと胸に響くのは、ご自身が実践していらしたバックグラウンドがあるからなのでしょう。

何度も読み返し、何度も読み返し、それでもまだまだ読み足りないと感じています。

 

そんな深い言葉の中で、とりわけ今、大切にしたいと思うのが「素直」という言葉。

この本でも「ちょっとアホなくらい、素直な心に還ろう」と言っています。

仏教の因果の法則で言えば、原因が素直なら、結果は幸せな人生と自然に決まっててくる、と。

だから自分の中心に「素直な自分」をしっかりと据えていよう、と。

 

素直になろうと思っていても、つい周囲の状況や、他の人の顔色をうかがってしまったり、ちょっとした損得勘定が働いてしまっている自分に気づくことがよくありますが、

そんな時は、何か流れが澱んでしまうというか、「何かが違う」という気持ちになるものです。

それは、やはり本来の「素直さ」から離れてしまっているからなのでしょう。

「ちょっとアホなくらいに素直になる」

この「ちょっとアホなくらい」というのが、とても大切なことのような気がします。

無邪気さ、ともいえるのかな?

 

素心に還る、、、何歳になっても目指していたいと思います。

 

 

お茶会、そしてご縁は奥深い・・・

2016/2/19

昨日のお茶会は、お申込みくださった方が1名だけだったのですけれど、お一人でも構わないと言ってくださったので、ありがたく開催させていただきました。

でも、「一人のために申し訳ないわ」と、散々恐縮されて。。。

遠く二宮から足を運んでくださった上にお気を遣わせてしまって申し訳ありませんでした<(_ _)>

わたしとしては、お一人をお招きすることに、きっと大きな意味があるのだと思っていたのですが、、、

昨日お時間をともにさせていただいて、その意味を実感いたしました。(あくまでもわたしにとって、ですが・・・(;^ω^))

 

その方は、ご年齢や誕生日など、「え?そこまで?」とびっくりするぐらい共通点というか、ご縁だな~と感じる部分のある方で、、、

これまでの人生で、目の前の物事に義理を欠くことなく、逃げずに真摯に向き合って生きていらっしゃったのだということが、言葉の端々から感じられるような方でした。

その方ご自身が辛い時にかけていただき、励みにされてきた宝物のような言葉を惜しみなくわたしにもシェアしてくださって、

きっといつもこうして、出会う全ての方の幸せのために力を注いで生きていらっしゃるのだな~と、深く感じました。

そして、その方を通して、こうして見ず知らずの方々の知恵をいただくことができる、そしてその言葉がわたしの人生をの礎石の一つとなる。。。

ご縁というものの奥深さを感じずにはいられませんでした。

 

お茶会もそうですが、こうして何かの目的で集う人とのご縁というのは、本当に不思議な感動を運んでくれるものだなと、つくづく実感します。

自分がそのつもりになれば、いらないご縁などというものは何一つなくて、全てが自分の人生の滋養になるのだということを、最近とみに実感しています。

昨日いただいたご縁も、きっと何年かたって熟成されて、今以上にそのありがたさを思い知らされる時が来るのだと思っています。

 

肝心の整膚のほうも、その優しい心地よさをしっかりと堪能していただけたし、セルフでのやり方も、本当に呑み込みが早く、包み込むような優しい手つきでなさっていました。

丁寧に相手のことを思う生き方が、こういう部分にも表れるのだな、と改めて教えていただきました。

 

昨日は、いらしてくださったKさまよりも、わたしにとって至福のひと時となってしまったようで、何だか申し訳ないような気持ちも半分(笑)

でも、Kさまも「とっても楽しいひと時を過ごさせていただきました」、「帰りの電車、ずーっと整膚やりながら帰りました(笑)」と言ってくださって、ホッとしました(#^.^#)

Kさま、素晴らしい時間を本当にありがとうございました。

 

 

そんなふうに、いただいた言葉の数々を思い起こしながら、今日は手前味噌の仕込みを。

昨年仕込んだ味噌が、なんだかあんまり美味しくできなかったので、今年は丁寧に、丁寧に。。。

「美味しいお味噌になってね」と想いながら、塩きり麹を混ぜ混ぜ、大豆をつぶして、お味噌作りも無事完了!

来年の今頃、このお味噌が出来上がるころにわたし自身がどんな生活をしているのかも、ちょっと想像できない感じもしていますが。。。

さて、どんな状態でこのお味噌を開封することになるのでしょう?

 

 

「決めつけないで試そうと思います」

2016/2/16

20度を超える日から一転、いきなり10度以上気温が下がっていますけれど、体調管理は万全ですか?

気温差が大きすぎて体がついていかない方もいらっしゃると思いますけれど、それほど大きな影響を受けない人がいるのもまた事実。

体は自ら変えることができるもの。

どうせなら外側の環境に影響を受けにくい体にしたいですね!

 

長いこと整膚を受けてくださっている方の中には、最初は半信半疑、、、というか、三信七疑(笑)くらいだった方もいらっしゃいます。

「いろんな施術を受けてきましたけれど、整膚は即効性はないけれど、じわじわ効いてくるのかもしれませんね」くらいに。

なのになぜか継続的に受けてくださっていて、数年が経ち、1年ちょっと前にわたしがリラクセンスを勉強し始めたときには、

「いろいろ新しいことを勉強されていらっしゃるようですけれど、わたしは整膚が一番だと思っています」と、はっきりおっしゃるまでに信頼してくださるようになりました。

これは、本当にうれしいこと。

もちろんすぐに気に入っていただければ何よりですけれど、この方のように長い時間をかけて絶対の信頼をもってくださることも、それに負けず劣らず嬉しいことです。

そして施術者として、人として本当に幸せなことだと感じ入っております。

ありがとうございます<(_ _)>

 

ご本人もそのことを覚えていらっしゃっていて、先日、こんなことをお話ししてくださいました。

「わたし、慈巳さんがリラクセンスを勧めてくださったとき、整膚が一番だと思っているからとお断りしたんですよね。
でも、整膚を初めて受けたときにも、それほどピンと感じたわけではなかったけれど、こうして続けてみると一番自分に合っていると思うようになったんですよね。
そう考えると、もしかしたらリラクセンスもとても良いものなのに、実際に受けないことで良さを知らないままでいたら、とてももったいないことかもしれないと思うようになったんです。」

 

何事も体験してみないと分からない。

「百聞は一見に如かず」

それをご経験から実感していらっしゃるんですね。

「次回はリラクセンスをお願いしようかと思っているんです。」
そうお申出くださいました。

 

確かに整膚もリラクセンスも、今までにない体感なので、ご体験いただかないことには全く想像すらつかないというのが事実です。

(受けてくださった方、皆さまが同じことをおっしゃっているので)

ですが、整膚やリラクセンスに限らず、きっと何事においても、同じことが言えるのではないかな?と思います。

例え何となく結果が想像できるような物事だとしても、真のところは自分で体験しないことには、何一つ、理解できないのですよね。

行動せずに想像だけして分かった気になっていては、何一つ体験していないのと同じこと。

かつてのわたし自身がそうでした。

そして、そんな自分を激しく後悔し、これからは「行動して体験する」ことをやっていこうと決めました。

そうしたら、自ずといろんなことが開けてきて、自分で人生を創るということが少し分かってきたような気がします。

 

その方には、次回整膚とリラクセンスのどちらが必要なのか、その時にお決めくださいねとお伝えしました。

だって体は日々変わるものですから、必要なことはその時にならないと分かりませんものね!

でも、自分で選択肢を広げたことで、また大きな変化が訪れるかもしれません。

そんな変化をご一緒に体験できること、それもこの仕事を選んで幸せだと思う瞬間です(#^.^#)

 

 

自由が丘FM「目黒Paw」

2016/2/14

18日(木)に予定している「整膚 de お茶会」

ただ今1名の方がご参加ご希望くださっています(#^.^#)

もちろんお一人でも開催しますけれど、やっぱりちょっと寂しい。

前日までお申し込み受け付けますので、「行こうかな?」と思われたら、ぜひご連絡くださいね!

 

 

友人と活動している動物のボランティアグループ、One☆Paw。

そのメンバーの一人が現在、インターネットラジオ局の自由が丘FMで、月2回パーソナリティーを務めている、動物をテーマにした番組「目黒Paw」

急きょ、明後日16日の放送にゲスト出演させていただくことになりました。

 

これまでにも地元のFMに出演させていただいたことはありますけれど、それは整膚師として健康についてのお話をさせていただいたり、One☆Pawのメンバーとして、イベントの告知をさせていただいたりという内容でした。

ところが今回は、絵の仕事のことをメインに話してほしいということで、、、

わたしとしても全く初めての体験になりそうで、正直とっても楽しみです(^^♪

わたし、話すこと好きなのかも~(今さら?笑)

 

ただ唯一、緊張の種になりそうなのが、、、映像写るんですよ~(汗)

ま、その分イラスト画像などもご紹介いただけるようなので、顏の部分はモザイク入れてもらうかなんかしよう(笑)

この仕事を始めたきっかけとか、左手の絵と右手の絵との違いなど、今まであまり表だってお話ししてこなかったことも、お話しできるかな?と思っています。

が、あまり事前にきっちり準備するのは苦手なので、流れに任せて楽しくお話しできたらと思っています。

 

ということで、今までわんちゃん、ネコちゃんのポートレートを描かせていただいた飼い主さんにお願いです。

放送に当たって画面で写す画像に、こちらの手元に保管しているデータを使用させていただきます。

これまでにもHP作成の時などに、何人かの方にお願いさせていただいた際、いつも皆さまにご快諾いただいていたことを前提として、今回もご快諾いただけるかな?と勝手に想像し、使わせていただこうと思います。

「それは困るわ~!」という方は、ぜひご連絡くださいますよう、よろしくお願いいたします<(_ _)>

 

生放送は16日(火)の19時~20時ですけれど、UStreamにて後日見ていただくこともできますので、よろしかったらご覧くださいね♬

 

 

人生の転機

2016/2/13

先日、友人宅で石鹸作りを教えていただきました♪

好きな色、香りを選んで自分の好みに作れるというので、ピンクのマーブルにレモングラスの香りをチョイス♪

そして今日、型から出してみましたよ!

DSC_0047

きれいなマーブル状になっていて、香りもとってもいい感じ!

1か月ほど乾燥、熟成が必要とのことで、使えるのは桜の季節くらいかな?

楽しみです(#^.^#)

 

昨日は浜松からのお客さま、Mさんをお迎えしました。

Mさんとのご縁は2年半ほど前のこと。

コア・トランスフォーメーションのことを知ったMさんが、どこかで受けられないか?と検索してくださって、協会のホームページからわたしのことを見つけてくださいました。

そして同時に、整膚にも興味を持ってくださって、はるばる浜松からコア・トラと整膚を受けに来てくださったんです。

 

当時、Mさんは人生の岐路に立っていらっしゃったようで、ご本人もそれを自覚もされていました。
看護師として長いこと多くの方々のお役に立たれ、充実した日々を送られる一方で、ご自身が目指す看護と現実とのギャップに直面し、

そして、人生の後半を迎えられるタイミングで、これまでの人生についてを振り返り、これからの数十年に目を向けた時に、このままで良いのか?と問いかける棚卸しの時期だったのだと思います。

その後、ご自身のライフワークと人生の方向性を定められ、仕事を続けられながら、整膚を初め、クラニオ・セイクラルやレイキの勉強をコツコツ重ねられ、

もう間もなく正式にセラピストとしての活動を開始されることになりました。

その間、歩みを止めることなく、決して急ぐことなく、実に楽しそうに、確実に道を固めていらっしゃるご様子を拝見して、、

どんなことでも始めるのに遅すぎることはないのだということを、確信させていただきました。

 

きっと誰にでも訪れる人生の節目。

不要なものを手放すことも、新しい道を進むことも、恐れることなく軽やかにできたら、想像以上の世界が開けてくるのでしょうね!

 

 

1時間以上も腕をグルグルグルグル・・・

2016/2/11

今月27日のhammamさんでのワークショップですが、すでに9人お申込みくださっているとのこと!

びっくり!!とともに、とっても嬉しいです(#^.^#)

ご希望くださっている皆さま、ありがとうございます<(_ _)>

ご期待に添えるように、しっかりと体感して、身につけていただけるようにがんばります♬

 

さてさて、、、

昨日(すでに一昨日か?)は夕方から、ブログで何年もお付き合いさせていただいているいずさんが、イケメンご主人と一緒にいらしてくださいました♪

なんでも、以前からいずさんが整膚のことをお話ししてくださっていて、整膚にとても興味をお持ちくださって、どんなものか一度体験してみたいと言ってくださっているとか。

わたしとしてもとっても嬉しいことなので、喜んでお迎えをさせていただきました(#^.^#)

メニューはどうしましょうか?何か困っている症状は?とおたずねすると、症状的にはリラクセンスの方が良いのかな?という感じだったのですが、

「ウェブ見て『悩むな~』と申してます」とのことだったので(笑)、では当日決めましょうということになり、お二人をお迎えいたしました。

 

玄関でいずさんと久々の再会を喜んで、ご主人とは初めましてのご挨拶をして、お二人に中に入っていただくと、動物好きのお二人、早速あんこやうみにも優しくご挨拶してくださいました♪

たくさんのお土産物などいただいて、「早くやりたくてうずうずしているので」ということなので、早速施術へ。

やっぱり整膚は体験したい、けれど腕グルグルも気になる(笑)、ということだったので、では最初に部分的に整膚を体験していただいて、リラクセンスに移行する形にしましょうということで決定!

 

整膚の感覚は、やはり初めての体験とのことで、案の定、表現するのが難しいようでした。

そして腕、お顔、頭と整膚したのち、その流れで首からリラクセンスのアプローチを開始しました。

すると徐々に首が右に左に8の字を描くように大きく動き始め、背中までゆれるような動きになってきましたよ。

そしてその後、腕にアプローチを始めたのですが、、、

最初は左腕の肘から先を回し続け、わたしが手を添えなくても回り続けていたので、左腕はそのまま勝手に回っててもらって(笑)、右腕にもアプローチすると、、、

そのまま両腕を回し初め、その動きがだんだん大きくなってきて、そのまま回し続けること、なんと1時間以上!

その間、ご本人の口元は終始ニヤニヤするような笑いを称えていたのでした。

うん、なんか笑っちゃうんですよね!分かります(^◇^)

自分で回しているんじゃないんだけど、回されているのとも違う。

そのユニークな感覚が、何ともおかしくなる瞬間があるんですね。

時には、「あ、今腕回してること忘れてた!」などと笑わせていただいたりしながら、延々1時間以上グルグル、グルグル腕を回し続け・・・

やっとパタン!と落ち着いたときには、「はぁ~!」と大きなため息をついていらっしゃいました^_^;

 

施術後は、術前に感じていた腰の痛みと違和感は、「全くなくなってる」とのことで、楽になられたようでした。

今回、脚へのアプローチは、腕グルグルの最中に少し揺すった以外はほとんどなかったのですけれど、腕を回すことで骨盤のゆがみも自ら整えられたようです

最後に姿勢を整える際の意識の仕方や、歩き方などをアドバイスさせていただいて、和やかなひと時はあっという間に過ぎていきました。

 

帰り際に、ご主人がかがまれて、寝ているあんこにそっと寄り添って、何かをお話ししてくださったのかな?と思うような優しいお姿が、とても印象的でした。

 

いずさん、はずさん、お忙しい中遠くからお越しくださって、本当にありがとうございました<(_ _)>

また腕グルグルしたくなったら、いつでもいらしてくださいね!

 

 

18日のお茶会、お仲間募集しております!

2016/2/9

去年の末あたりから、整膚にご興味を持ってくださる方が増えてきているような・・・気のせい?

気のせいでも、新しいご縁をいただけること、必要としてくださる方のお役に立てる機会をいただけるというのはとてもありがたいこと。

大切にして、なにがしかの益をお渡しできればと思っています。

 

そして、18日のお茶会にも、お一人新しい方がご参加をご希望くださいました。

お申込みありがとうございます<(_ _)>

今のところ、他にお申込みはいただいていませんけれど、やっぱりお一人じゃ寂しすぎるので、お仲間になってくださる方を絶賛募集いたします!!

もし迷われている方がいらっしゃったら、ぜひ勇気を出してご参加くださいね!

初めての方でもお気軽にお越しいただきたいですし、皆さまいつも「初めまして」の方ばかりですけれど、お帰りになるころにはすっかり打ち解けていらっしゃることがほとんどです。

不安なことがあれば、事前にお問い合わせいただいても構いません。

ご都合の良い方、整膚にご興味がおありの方、ぜひご参加ください!

首を長~くしてお待ちしております(#^.^#)